朝焼けは雨、夕焼けは晴れ 観天望気!

観天望気。ご存知でしょうか?

山にかさ雲がかかったら雨

とか

ツバメが低く飛ぶと雨

などなど。はよく聞く話。

観天望気とは
観天望気(かんてんぼうき)は、自然現象や生物の行動の様子などから天気を予想すること。
またその元となる条件と結論を述べた、天気のことわざのような伝承。古来より漁師、
船員などが経験的に体得し使ってきた。

もちろん、公式な天気予報に代替できるものではないが、湿度や雲の構成などから、
正確性が証明できるものも多い。海や山での天候の急激な変化や、局地的な気象現象
をつかむための補完手段として知っておいたほうが良いものもある。

wikipedia 観天望気 から抜粋

昔からあるおじぃちゃん、おばあちゃんの知恵袋ですね。
確かに小学校のころ、教科書にも載っていたように思います。
昔の人の知恵袋はすごい観察力だと思います。

ではその観天望気のいくつかをご紹介

アリが巣穴を埋め始めると洪水
⇒ 巣を守るためだそうです。

朝、露がいっぱい降りていると晴れ
⇒ 露は昼暖かく、夜冷え込んだときにできる。
 夜、放射冷却で冷えたのは晴れていたことになり、その日は晴れる
 ことが予想される。

夕焼けの次の日は晴れ
⇒ 天気が西から東へ移動するため

太陽や月に輪(暈)がかかると雨か曇り
⇒ 温暖前線の接近に伴う巻層雲のため

煙突の煙がまっすぐに上がると晴れ。
⇒ 大気が安定している。

ツバメが低く飛ぶと雨
⇒ 湿度が高いと、えさとなる昆虫が低く飛ぶためと説明される

ネコが顔を洗うと雨
⇒ 湿度が高いとき、顔や髭に水滴がつきやすくなる。それを猫が拭うためとされる

沢山のカモメが輪をかいて飛び回るときは、大時化の前兆。
カモメが高く飛ぶときは時化のもと。
⇒ 上空は風が強いのでカモメは風に乗って飛びます。風が強くなる知らせ

気象学的に考えてもっとも信用性があるのは、雲を使った予想だそうです。

飛行機雲がすぐに消えると晴れ
⇒ 上空の湿度が低いため

飛行機雲が広がると悪天の前兆

うろこ雲は天気の崩れ
⇒ 低気圧が近づいている可能性が高いため

すじ雲があると数日後に天気がくずれる
⇒ すぎ雲が見られるような段階では晴れているが、数日後には天
  候が崩れることが多いようです。

などなど

観天望気の一覧サイト

天気のことわざいちらん

観天望気 海の気象に関することわざ(言い伝え)

色々あってみていると面白いです。
天気予報も最近、当たるようで当たらない。

気象予報士も嘆いてました。
沖縄の天気は読みにくい!

海の中にポツンとある島は特に変化が激しいそうです。
当日になって前日の天気予報と打って変わって。。。
ということは何気によくある気がします。

特に晴れ、曇り、雨はなかなか当たらないときがあるように思います。
なので、曇りのときは晴れでも雨でも大丈夫な準備を(笑)

旅行、観光前に天気予報を調べてがっかりしないで、
当日の天気に希望を持ちましょう!

でもシュノーケリングツアーにとっても参考にしている風向き、波高は
そんなに狂うことはありません。また台風の予想進路などは精度が高い気がします。
これも違ってくるとツアーの予定が立てれないので大変です。

全国の気象予報士の皆さん、安心、安全航海のため、
これからもよろしくお願いしまーす!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。