半日のシュノーケルだからまだまだ楽しめる

折角の石垣旅行だから、行きたい観光スポットはいっぱい!
日本百景の川平湾にいきたいし、カヌーもしたいし、マングローブ見てみたいし、
ドライブもしたいし、灯台巡りもしたいし、離島も回りたいし。
ご当地グルメといえばゴーヤチャンプル食べたいし、石垣牛だって賞味してみたいし
海の見えるカフェでランチ。夜は居酒屋で泡盛を!
お土産だって買う時間がほしい!

観光スポットはいっぱい。
行きたい場所もいっぱい!
でも旅行日程はそんなに長くない!
どうしたらよいの?

という相談は全国各地津々浦々(笑)、よくお問合せ頂きます!
そしてまたよく質問を頂戴するのが、

海にいくと朝、出発して夕方に帰ってくるのでは、
他の観光ができなーい!

などなど。たしかに海をメインにした旅行スケジュールなら
問題ありませんが、一泊二日、二泊三日のタイトなスケジュール
であれば、いろいろな観光スポットにいきたい!というリクエストが
通りにくくなります。

それと意外と皆さん、忘れがちなこと。
海のレジャーって、慣れていない方にはとても体力を
使ってしまいます。

水の抵抗は、陸の800倍と聞いたことがあります。
腕の一人振り一つをとっても空気中と水中では、抵抗が違います。
ツアーが終わって、シャワーを浴びると、
どっぷり疲れがでてしまうことも。

ここでよくある失敗パターンをご紹介!

シュノーケルが終わって、ホテルに到着。
少しお昼寝でも。と思ってベッドIN!

起きたら深夜12時。。。

それだけは避けたい失敗の一つですね(笑)
思いっきり遊びましょう!
でも疲れすぎてしまわない程度に!

そう考えると、半日シュノーケルというのは、
ちょうどよいと思います。
あと半日は、他のレジャーや観光を楽しめます。

また事務所は北部にあります。
ドライブがてらにレンタカーで事務所に到着。ツアーにご参加。
それから川平湾や平久保崎灯台をまわって
帰るのも一つの方法ではないでしょうか?

いろいろな陸の観光スポットを回りつつ、
海も楽しみたいという方は、ぜひ、さんご礁の海からの
半日シュノーケルはいかがでしょうか?

日本百景の川平湾

ツアースケジュールは、いたってシンプル。

午前 9時~12時30分ごろまで。
午後 13時~16時30分ごろまで。

個性あふれるシーサー

もっと時間を有効に使いたい方には、到着日にシュノーケルはいかがでしょうか?

空港へお迎え → シュノーケル → ご宿泊先までお送り

といったことも相談頂ければ、可能な限りスケジューリング致します。
過去に行ったことのあるサンプル例

12時5分 空港に到着
     お昼ごはんを食べていただく。
13時  空港へお迎え
    シュノーケル
17時前後 ご宿泊先へお送り

などなど。まずはお問合せください。

もっとよくばりに色々回りたい方には
早朝シュノーケルというのも随時開催しております。

早朝 6時ごろお迎え~9時ごろまで。

早朝のメリットは、1日を有効に使えるのがポイント。
9時にホテルに戻って、シャワー浴びても10時ごろ。
まだまだ遊べる時間がたっぷりあります。

日焼けに弱い方、したくない方にもおすすめです。
まだ陽射しが弱い時間帯に行うツアーです。
最小限で日焼けはすんでしまいます。
ただ、朝寝坊はしないように注意してくださいね!

※早朝シュノーケルは開催できる日とできない日があります。
 要事前予約でお願いします。

冬瓜にデザイン

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。