石垣島の民家でよく見かける島バナナ

スーパーで売っている普通のサイズのものより、
もっと小ぶりで。モンキーバナナサイズ。
とっても小さいです。

でもあなどることなかれです!
小さいながらも味は普通のバナナと違う。濃厚な味わいと
よく表現する方もいます。

それでいて家庭の庭でよく実をつけてはいるんですが、
お店に並ぶと一房1000円するときも。
とっても高級なイメージです。

それが、

とってもおいしい島バナナです!

島バナナ。小ぶりです。

しかも旧盆時期には、こんな記事も

バナナ泥棒が横行 旧盆目当ての犯行か 八重山毎日新聞
バナナ盗難が多発 被害農家、憤り隠せず 八重山毎日新聞

こちらのお盆のときに、仏壇にお供えしたりします。
なので、こういった事件が起こるのでしょうか。。

どちらにしよ、やはり人気のある島バナナ。
隠れた人気があるこの南国フルーツ。
実は事務所前にもいっぱい植えられています。

事務所前にはバナナの木がいっぱい


「島バナナ」はもともと小笠原諸島から沖縄に移入されたと考えられています。
島バナナは、その生産がほとんど産業化されておらず、流通ルートが確立していないために、
流通の過程で非常に高いコストがかかり、高値になることがわかりました

バナナ的エッセイ から一部抜粋


なるほど。値段が高いのはわかった。
一房1000円となるとさすが、高級すぎる!と思いませんか?
しかも小さいのに。
古くからの民家には庭に普通に生えてたりしています。
逆になじみがありすぎるから、流通が確保できないのかもしれません。

でも笹川にとってももっともっと重要な問題は、
この事務所前のバナナがどうやったらおいしい実をつけるかです。

知り合いに聞いてみると、
この種類は一株から一房しか実をつけないそうで。
なので、実をつけた株は切ってしまうそうです。

実をつけると切り倒してしまうそうです。

あらほんと。切った痕がありますね。
そうすると周りから新しい株が育ちやすくなるそうで。


最低でも5℃は必要
土が乾いたらたっぷりと水を与えてください。
バナナは光と水と温度が大好きな植物です
バナナの生長には窒素(N)とカリウム(K)が特に重要です。


窒素(N)とカリウム(K)と言われてもよくわかりませんが、
水やりをちゃんとすればすくすく成長してくれそう。
それなら植物に疎い笹川でもできそうです。

毎日水やりでおいしい島バナナの栽培初めてまーす。
収穫が楽しみでーす。

っで、いつごろ収穫できるのかなぁ。
となりのおうちでは花っぽいを咲かせていたりも
しています。今年はもう実をつけないのでしょうか?

早く食べてみたい!
すくすく成長しますように!
いまから水遣りしてきまーす!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。