ディゴ咲く

春の風物詩『ディゴ』

石垣島の風物詩 でぃご2本日も快晴。こちら石垣島です。

琉球大学では合格電報の文面は
サクラ咲くではなく

デイゴ咲く

となるそうです。
沖縄の方にはとてもなじみのある花です。

沖縄県の花にもなっており、
石垣島では卒業式の風物詩ともなっています。
よく3月ごろの卒業式シーズンには新聞に
ディゴの花と卒業生の写真が掲載されています。

石垣島の風物詩 でぃご

でぃごを軽くご紹介
 昭和42年に県民の投票により「沖縄県の花」として選ばる。
 かなり大きくなるので一般家庭で庭木などにされることは向かないようです。
 また、この「でいご」、沖縄では「やしきこーさー(屋敷壊さー)」と言う別名があって
 根の力がものすごく強いため、庭など家の近くに植えてしまうと、基礎を壊してしまい家
 を傾かせてしまうという話もあります。
 「でいご」の花は、毎年必ず咲くとは限らず、毎年花の量が違います。
 そのため、木によって満開のものもあれば、花一つ付けていないとうこともあるそうです。

 石垣島では「でいご」がたくさん咲く年は台風の当たり年になるという話もありますが、
 科学的根拠は不明です。

実際に咲き乱れているところを見ると
ハイビスカスよりも濃い真紅色といった感じで、
すごくあざやかです。きれいです。

でも個人的には、葉がなくなって、木の幹に
真紅色の花。なんだか寂しそうに見えますが、
それを補うだけのパワーを感じる花です。

ちなみにThe BOOMの島唄の歌詞にでてくる

 ディゴの花が咲き、風をよび嵐がきた 

のディゴはこの花のことです。ちなみに

 ウージの森であなたとであい

のウージはサトウキビのことらしいです。

また尖閣問題で中国人船長を拿捕した日の八重山毎日新聞の一面には
ディゴ再生プロジェクトが一面になるほど、地元にはなじみの
ある花らしいです。というか八重山毎日新聞の地域密着主義も
筋金入りです(笑)。

数年前にデイゴヒメコバチによる被害を受けて枯れる木がいっぱいありました。
このハチはデイゴの葉や幹に産卵して虫こぶを作り、
木を弱らせて枯してしまうハチです。
木の幹がつるつるになって台風で倒されたディゴの大木を何本も
みたことがあります。
NPO花と緑の石垣島 のホームページを見ると

デイゴ枯死木の現状報告

石垣市から防除事業の委託を受け公共施設や御嶽等での防除活動を進めてきましたが、2年目となる今年は、昨年以上にデイゴの花がまちの至る所に咲き乱れ、南国石垣島らしい景観を戻すことができました。

市民・NPO・行政による協働の取り組みに万歳!

復活してきている様子です。
素人の自分が街中をドライブしていても
ディゴを咲いているのを簡単に見かけるほどに。

色々な環境変化に対応できるように
地域が一体となっているところに石垣島らしさと
ディゴが復活してきているところに感動を覚えます。

何気なく見かける景色にもいろいろな歴史があるんですね。
来年、再来年には3分、4分咲きではなく、満開のディゴを見かけることが
できるかもしれません。でも満開になると台風がいっぱい来てしまうかもれません。
やっぱり七分咲きぐらいでいいかなぁ~(笑)

ディゴを見てみたい方は、石垣島の小学校や中学校の校庭を
覗いてみてください。
かなりの確立でみることができると思います。

サクラよりなじみがあるかもしれないディゴのご紹介でした。

参考
2006学校から「デイゴ」が消える
2011「デイゴ再生元年」から2年目となった今年…

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。