石垣島旅行でびっくりしないための心準備。生き物編ブログ

やはりここは日本であって日本でない。
そう感じる文化、天候、気候があります。
そして最初に来た人がちょっと抵抗を感じたり、
とっても恐怖を感じたり、逆に好きになったり。

そんな石垣にならどこにでも必ずいるけれど、
あらかじめの心準備としての豆知識コーナーです。

今回のテーマは

石垣島ならどこにでもいるけど、

何も知らないで見てしまうとびっくりしてしまう生き物たち

をご紹介しま~す。
まず基本的な考え方としては、
どんな新しいリゾート施設でも清潔感あふれるホテルでも
たとえ市街地でも

ほぼ、必ずいます。

それぐらいにメジャー所の生き物たちです。
虫がきらいな人も大好きな人もまずは石垣島への
旅行、観光前に豆知識として知っておいてよいでしょう♪

まずは、ヤモリさん。

さぁ、あなたどっち? 好き OR 嫌い?

ヤモリ。家を守るでヤモリです。

よくお客さんに聞かれることがあるのは、

イモリとヤモリの違いは?

爬虫類と両生類の違いです。
なんていってもピンと来ない方も多いのでは?
なので、わかりやすくいうと

爬虫類は肺呼吸。なので陸にいます。
両生類はエラ呼吸。基本水辺、水中にいます。
※例外はあるそうです。

なので、石垣のホテルなどのご宿泊先で見かけるのは
ほとんどが爬虫類のヤモリさんの方になります。

ちなみにちょこっと調べてみたところ、
イモリはお腹が赤いことで識別が可能だとか。

そんなヤモリさん。
地元の人は、基本的に退治しません。
なぜなら、

家を守る。だからヤモリなんです。

家中にいる虫、昆虫を食べてくれるから。
家を守ってくれる存在だからとのこと。

確かに夜中電灯に集まっている虫をぱくっと
捕食する瞬間を見たことは何回もあります。
もちろん失敗シーンも(笑)

でも虫が嫌いな方にはどうしようもない。
しかも夜になると

キョエキョエキョエ~

と奇妙な声でなきます。
何も知らない人、昆虫、爬虫類の類が嫌いな人はとても
拒絶反応が起ってしまいそうな生き物です。

でも目が愛くるしい。
とってもかわいい。
ちょろちょろ動くさまがいい。

などなど虫が嫌いな方でも評判がよかったりする場合も。
こればっかりは見てみぬふり?
もしくは愛くるしい眼差しで見てあげてくださいね!

ちなみにヤモリは日本の妖怪にもエントリーされています。
方言名は『やーるやー』だそうです。

では次、

オオヒキガエル

特定外来種 オオヒキガエル

いやいやこれも好き嫌いがはっきりしている生き物ですね。
今回はヤモリとは少し事情が違っています。

特定外来種なんです。

つまり人間がオオヒキガエルの意図と関係なく運んできて
勝手に放流した生き物なんです。

オオヒキガエルは体長9~15.5cm、最大体長24cmとヒキガエル科最大種
元来はサバンナや熱帯雨林地域に生息。日本では、
小笠原諸島、石垣島、北大東島、南大東島で定着が
確認されているそうです。

放流の目的は、サトウキビ畑の害虫駆除。らしいです。
でも何でも食べる食性と繁殖力から、在来種が減少し
困っています。

そして皆さん、見かけても触ってはいけません。
毒があります。目に入ると失明する場合もあるとのこと。

人間が勝手に持ち込んでオオヒキガエルにはとても
迷惑な話ですが、駆除活動も行っています。

那覇自然環境事務所 第5回石垣島オオヒキガエル捕獲大作戦の表彰式の開催について

毎年夏に駆除活動を行っているそうです。一般から参加者を募集しています。
しかもそれぞれの部門には賞もあります。

◎トードマスター賞
獲得した数の多い上位3名に送られる賞

◎ビッグトード賞
最も体重が重い個体を獲得した上位3名に送られる賞
優勝者は793.3 gだったそうです。でかい。

◎トードフレンズ賞
今回は、期間中捕獲参加日数が最も多い方にお送りしました

など。人間が放流しておいて駆除を行う。なんだか少し複雑な気分になりますね。

オオヒキガエル捕獲大作戦

などなど。よくお客さんからびっくりしたと評判の生き物。
ヤモリとオオヒキガエルでした。
もちろん怖がることはありません。
嫌なら見なければよいだけのことです。
これも自然が多い石垣ならではですね!

このままでは後味が悪い方もいるかもしれませんので、
次は好き嫌いの激しい生き物ではなく
みんなの人気者をご紹介しまーす。

シロハラクイナ

道路をうろちょろしている愛嬌のあるかわいい鳥です。

シロハラクイナ

ブログに載せれる写真を撮っていないので、

みんなで作る野鳥図鑑

から写真を拝借させて頂きました。

黒色と白色のコンストラストがかわいい鳥ですが、
最近、全身真っ白のシロハラクイナが見つかったそうです。

八重山毎日新聞 全身白のシロハラクイナ

ドライブ中はご注意くださいね。
危険を感じると来た道を折り返す修正があるとかないとか。

車が近づいてきて、危ないとおもった瞬間に
戻り始めるとあやうく引いてしまいます。

石垣観光の際には環境にやさしいドライブを!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。