シュノーケルショップ選びの基準の一つに。マル優事業者

マル優事業者というのは、ご存知でしょうか?
うーん、説明が難しいですね。
ホームページからそのまま抜粋しちゃいます。

沖縄県公安委員会が、「水上安全条例」などに定める
安全対策基準が十分に満たされていると認めた海水浴場、
潜水業、 プレジャーボート提供業者及びマリーナ業
などの事業者を「安全対策優良海域レジャー提供業者」
いわゆる「マル優」事業者として指定する制度です。

沖縄マリンレジャーセイフティービューロー

よくそれぞれの業界には○○○協会というのが
あって、いろいろ活動を行なったりしています。
その一つで、沖縄県公安委員会が行なっているのが、
沖縄マリンレジャーセイフティービューローです。

弊社さんご礁の海からは、審査を依頼して、合格。
登録完了しました。

マリンレジャー、アクティビティ。一つの基準に

石垣にもマリンレジャーの協会が複数あるのですが、
いろいろ考えてこの団体にしましたっ!

笹川が、さんご礁の海からを立ち上げる前の修行は、
ダイビングショップ。

ダイビングはライセンス制度がしっかりしていて、
インストラクターになるにはいろいろな実技や
筆記。泊り込みで泳ぎまくって勉強します。

ちなみに笹川はADS国際ダイビングスクール協会
という団体に所属していまーす。ちなみに他の団体のことはわかりませんが、
どうやら昔から体育会色の強い団体と聞いたことがあります。

このインストラクターの試験は、とっても大変でした。
試験は3泊ほどかけて行なわれます。

実技
 400m タイムトライアル もちろんタイム制限あり!
 800m フリッパー(マスクフィン、シュノーケルを装備して)タイムトライアル
 50m 水平潜水
 素潜り水深10mでロープワーク
 3点セット脱着 水底6mに素潜り→マスク、フィン、シュノーケルを脱いで、装着
 レスキュー訓練
 捜索訓練

学科
 レスキュー訓練
 プレゼンの発表
 学科テスト

などなど。
その時で合格率は、50%くらいでした。
12月。水温も下がり始めた伊豆の海で
寒さに震えながら試験を受けたのを覚えています。
でも朝、晩に入る温泉が最高でしたね~!
伊豆っていいところですね。

この所属するADSは古くからある小さな団体です。
でもその分、親身にいろいろ相談に乗ってくれます。
どれくらいの小さい組織かというと
事務所に電話すると会長が直接でちゃうくらいです(笑)

でも熱心な団体で、今は、韓国やアメリカなどの複数の国に
進出をし始めている信頼の高い組織だと思っています。

そんな会長は定期的に業界情報のメールを配信しています。
今年の業界の流れ、事故情報、事故傾向、対策などなど。
でも沖縄、ご当地ならでの情報ももう少しほしいなぁと
思って、ちょっと裾野を広げてみました。

そして選んだのがマル優事業所の指定です。
他の協会は、いろいろな地域のイベントへの
ボランティアスタッフなども行なったりします。
たとえば、海開きやトライアスロンのスイムの
水面ボランティアスタッフなどなど。

地域貢献!これはとても大切。
でも地域貢献であれば、事務所を構える
伊野田集落。毎月ぐらいの割合で
清掃活動などの地域貢献はいくらでもあります。
笹川はそっちの方が大好きです。

なので、沖縄セイフティービューローのマル優事業所を
選びました。
審査内容は当たり前のことを当たり前にしておくこと。

例えば、緊急連絡網。レンタル器材、最大定員などなど。
事業を始めるには当たり前のことですね!でもね、
お店の資格なので、特に実技や学科テストといったものは
ありませんでしたが、書類審査はありました。

あとはカウンセリング。
事務局長が直接事務所にお越し。
そして面談です。

最近の事故傾向のことや、業界の動向。
ちょっとしたアドバイスなど。
いろいろお話を聞けました。
参考になります。

シュノーケルショップはダイビングとは違いは、
ちょっと今まで海が好きで遊んでいたので、
お店を構えてみましたっ!
ということでもオープンできてしまうところもあります。
資格制度がダイビングほどしっかりしていないのも事実です。
そういったことも含めてお店としての資格。
これも重要ですよね!

当たり前を続けると特別になる!

皆勤賞がそれですね!
当たり前のことですが、無事故。
そしてお客さんに海を楽しんでもらえるように
それをこれからも続くショップ運営できるように
がんばりたいと思います。

ということで、ちょっとさんご礁の海からも
いろいろレベルアップしながら、これからの
業務もより安全に楽しんでいきたいと
思います!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。