ぜんざい?そう、ぜんざいなんです。ご当地グルメにいかがでしょうか!!

石垣島に引越してきて
とても、違和感があったことの一つなんです。
冬はもちろんのこと、どんなに暑すぎる夏日でも、

ぜんざいあります

飲食店の扉に張ってあります。
まぁ最初は、沖縄の人って、ぜんざい好きなんだぁ。
くらいにしか思っていなかったのです。

でも、それだけでは、拭い去れない違和感。。。

ずっと感じておりました。

暑い夏の日に
『ぜんざいあります。』
と書いているお店に入ってみると、

とて~も、幸せそうにテーブルを囲んでいる方々。

なぜ?こんな暑い日にぜんざいを食べて、
そんな幸せそうにテーブルを囲めるのか!
疑問は深まるばかりです。

だって、ぜんざいって、
寒い冬にこたつに入って、みかんと一緒に食べるのが恒例。
冬のおやつは、ぜんざい!

体があったまっておいしいよね!

それがぜんざいですよね!
温かいお椀にお餅が入っていて、
そう、お汁粉ですよね!

笹川まちがえてないですよね!
ところがびっくり!

これが沖縄のぜんざいです。

沖縄のぜんざい

いやいや絶対おかしい!
それは、カキ氷でしょ!!

新しい世界に飛び込むには、時には、
常識を変えなければなりません!

そんなことは分かっている!

でも違うすぎる!沖縄のぜんざいです。
とまぁ言いながらも食べてみましたっ!

もちろん、とってもおいしい♪

そう、それでいいんです。
納得することにしましょう!

そんな沖縄のぜんざい。
なぜ、氷菓となったのでしょうか?
由来を調べてみたのですが、
やはり結論は、

暑い場所だから

その一言で説明がついてしまいそうです。

とはいえ、シロップをかけるだけのかき氷ではなく、
黒糖で煮た金時豆が入っていたり、
白玉が中に入っています。

煮汁のかわりにかき氷になりましたっ!
それが沖縄風ぜんざいといったところでしょうか?

『所変われば。。。』といいますが、
ぜんざいも場所が変われば、ここまで豹変するんですね。

それなら、夏の暑い日にこそ、
幸せそうに食べている様子が
想像できますね!

石垣島にご旅行の方、
夏の暑い日にぜんざいなんて食べれない!
なんて思っている方、お間違えないように!

むしろ、夏こそ、沖縄ぜんざい、ぜひご賞味ください!

そして逆に、冬にぜんざいを食べてみようと
思って注文すると、氷がでてきます。
この場合の方の方が要注意ですね!

沖縄旅行の豆知識として、
ぜんざい。お間違えないように、ご注意ください!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。