より快適に楽しくシュノーケリングをするためのコツ(フィン編)

シュノーケルに必要な器材は、
マスク、フィン、シュノーケル。
それとライフジャケットもしくはウエットスーツの浮力確保
できるものです。

その中でもフィンを履くとなんだか強くなった気分になりません?
とっても強くなった気分になりませんか?

多分、僕だけです。。。

最初はフィンのカタログをみるだけでも
わくわくしていました。

フィンによっては長いものは2mぐらいあったり、
一回はいてみたいフィンは今でも数知れず。。。

それではフィンのより快適な使い方編です。

より快適に楽しくシュノーケリング フィン編

まず、フィンを使う前に少しうんちくを。
水中の水の抵抗は陸上の800倍といわれてるそうです。
日本赤十字の水上安全講習時に先生が何回もいってました。

つまり、

陸上と同じスピードで水中で動くと

疲れてしかたないということです。

陸上の800倍疲れてしまうということです。
シュノーケルツアーで見かけるパターンでは
常にバタ足を続けていると

息が上がってしまってる。

方がちらほら。
こんな方は、フィンキックが早すぎる可能性があります。

でもそういう方は日ごろから体を動かして体力に
自信がある方だったりするんですね。
笹川もそうでしたよ~
でも陸に上がるとぐったり疲れてしまう場合も。

も~~っとゆっくりでいいんですよ!

いやもっと的確な表現は、スピードではなくて、
2,3回キックしたら2,3秒休む
それでも進むのがフィンのすごいところなんです。

なので、常にバタ足を続けないですむように
効率のよいフィンキックを心がけましょう!

必要なことは、
どれだけ無駄な動きをなくして、
どれだけ楽に動くかが大切なんですね。

思ったよりもゆっくりこぐ。フィンの基本

もちろん競技ではないので、
無駄な動きではなく、
より疲れない方法として、

2,3回キックしたら2,3秒休む

をおすすめします。
まぁ実際、ゆっくりといわれても水中できれいなサンゴみると
がんばっちゃいますよね~(笑)

またなれていない方は、バタ足がよいです。
平泳ぎのような足の使い方は、初心者の方には
とても向いていません。

ほとんど、水を漕げていないので、
無駄な動きになってしまっています。

あとボートの上でフィンを履いて歩く方がいます。
フィンをはいた状態ではとっても歩きにくいです。
イメージとして

まねはしないでペンギンさん

ペンギンさん。

ヨチヨチ歩きのペンギンさん

水中ではとっても早いのに、陸上はぺたぺた歩いてます。
陸上でフィンを履いたら、ペンギンさんのまねはしないでください。
とても歩きにくく、こけやすいです。そこでより快適にのコツは

後ろ歩きをするととっても歩きやすくなりますよ。

浅いビーチでフィンを履いて歩くときも同様ですね。
シュノーケルで素潜りをする場合もフィンキックは
とても大切。
スムーズな動きで快適にシュノーケリング♪
コツはもちろん海に入る前にお伝えしますね!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。