かくれんぼさんを探せ

魚は擬態という能力を持っている者がいます。
自分の体を他の何かに見せかけて、
自分を守るというものです。

たとえば、
毒をもっている魚に体のデザインを似せているパターン
僕を食べたら大変だよ!毒があるからね!
でも実際は毒を持っていない種類だったり

他の何かに似せて、魚に見せかけない!
要するに、僕、魚じゃないよ!と思わせる作戦。
水中に漂っている枯葉とか、サンゴと同じ色、
よく似た形をするお魚さんなどなどなどです。

擬態といっても色々あります。
自然の世界です。やはり食べる、食べられるの世界。
そうやって、生き残っていくんですね。
その歴史の中での生き残り戦略として
いろいろな進化を遂げてきたものだけが、
今も生き残っているわけなんですね!
うん、奥が深いです。

その中で、今日は、この写真をどうぞ!

かくれんぼさんわかりますか?

ツアーで使用するボート
流れてきた海草に似せかけて何かが隠れています。
これでわかったらかなりのベテラン。
笹川も時間を空けてみたらどこにいたかわからなかったりします(笑)
ではもう少し拡大!

少し拡大。わかります?

どうですか?わかりました?
ではヒントはロープ近辺です。
これでもわからない?
正直、これでも難しいと思います。

では正解は↓

真ん中にアオリイカ。

アオリイカでーす。

すばらしい擬態能力だと思いませんか?
全然気づかない!わからない。

ちなみにイカ。周りの景色に溶け込むだけじゃなく、
姿、形を変えることもできるそうです。

ヤドカリと思って近づいたら、
みるみる形が変わってイカだったということもあるそうです。
かなり巧妙ですね。

水中では、枯れ葉や岩、海草にそっくりな体色にして
外敵から身を守っているものが数多くいます。

のんびり何も考えないで幸せそう。

それは人間の感想。
魚は巧妙に自分が生き残るためには?
どうやったら外敵から身を守ることができるのか?
を追求し進化し続けてきたのです!
多分。言い過ぎたかな。。(笑)

実際、タマゴから孵化し大人(成魚)まで成長することが
できるのは5%ぐらいという統計もでているそうです。
100個のタマゴがあれば、5匹しか大人になれません。

これは受験じゃないです。生き残り率です。
すごい狭き門です。

だからご飯を食べるときは
『いただきます!』
といってから食べるんですね!

それだけ必死でがんばって生きてきた魚さんを
食べるわけですから、感謝の気持ちを忘れずに
日々すごしましょう!

笹川も日々、無事にツアーを開催して、
キレイなサンゴをお魚さんを見れることに
感謝を忘れないようにしようと思います!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。