シュノーケリングツアーで見れる生き物!水中クリスマスツリー

もうすぐクリスマスということで
海のクリスマスツリーを紹介しまーす。
といっても、水中に笹川がクリスマスツリーを
おいてきたわけでは、ありません!
もちろん、天然もののクリスマスツリーです!

なので、今日はひさびさのシュノーケル(海)ブログです

いやぁ最近陸ブログばっかり載せてると、
知り合いからお前のお店は陸のことばっかだねっと
いわれてしまったので今日のテーマは
水中クリスマスツリーことイバラカンザシに
してみた次第です。
 
体長2cm 前後
色はカラフルに飛んでいて、
とってもシャイな子。
 

 
見た目がまるでツリー。
そして、いろんな色があるんです。
笹川の海用写真箱にはあまりレパートリーがないので、
 
イバラカンザシどーこう会
 
ご参考ください。
どれも力作が掲載されています。
っというかそんなサイトあったんだとびっくり
かなりマニア向けな気がしますね。
 
そして、彼らの住居は主にハマサンゴです。
危険を感じるとサンゴの中に管があり、
その中に逃げ込んじゃうんです。

捕まえようとしても捕まえることができません。
よくシュノーケルツアーでも紹介しています。
一瞬でサンゴの中に隠れてしまうのが面白い!
 
ちなみに、サンゴの中に管と書きましたが、
イバラカンザシがサンゴに穴をあけているわけではないんです。
イバラカンザシの成長とともに、サンゴが住まいの管を
取り囲むように成長します。

サンゴはイバラカンザシを歓迎しているんですね。
黄色に、オレンジに赤色。白と緑のまだら色もあれば、
茶色もあります。とてもカラフルなイバラカンザシ。

こんなきれいなクリスマスツリーですが、
実はゴカイの仲間です
そう、ゴカイ。
つりのエサなどによく使われるあの
ミミズ みたいな気持ちわるいあれです
 
もっというと
このきれいなツリーの形は、
イバラカンザシの鰓(エラ)になるんですよ
イバラの名前の由来は、
蓋を閉じると4本のとげあります
そこからイバラカンザシとなったそうで。。。
 
だめだ、きれいなものでも生態を説明しはじめると
だんだん気もちわるくなってきますね
 
もっとさわやか系な話をしましょう
ちなみにサンゴを住みかにするイバラカンザシ。
このイバラカンザシがいるとサンゴの天敵
オニヒトデが寄り付きくいという統計があったそうです
サンゴがわざわざ住みかを分け与えるぐらいなんだから
きっとなんらかのメリットがあるんでしょうね
 
今日のシュノーケルブログは、
サンゴと共生するイバラカンザシでしたっ!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。