より快適に楽しくシュノーケリングをするためのコツ(シュノーケル編)

より快適にシュノーケリングをテーマに、
シュノーケルツアーで使用する器材のちょっとしたコツを
過去2回にわたって特集ブログを組んできました。

より快適に楽しくシュノーケリングをするためのコツ(フィン編)
より快適に楽しくシュノーケリングをするためのコツ(マスク編)

をご覧ください。
今回は最終です。より快適にシュノーケルを使うには?です。

マスクのストラップにくっついてる、口に加える筒状のものをシュノーケルと
いいます。

シュノーケルは口にくわえる筒状の器材のことです。

これを加えて呼吸をしているから、
顔をずっと水面つけたまま泳ぐことが
できるわけです。

これを最初に考えた方は賢い!
忍者ハットリ君が竹筒を使って
水中を移動しているところをみたことが
あるように思いますが、起源は違います。

シュノーケルはドイツ語で潜水艦の換気筒を表す言葉。
形が似ていることから海遊び用の呼吸用器材もそう呼ぶようになった
そうです。

海で泳ぐことをシュノーケル。
呼吸用の器材もシュノーケル。
少し紛らわしいですね!

実際にシュノーケルツアーを開催していて思うことは、
海を怖がってしまう方の理由の多くは、

水面に浮いている浮遊感に恐怖を感じてしまう

呼吸が陸上と同じようにスムーズにいかない

のパターンが多い気がします。
そこで今回の快適シュノーケルのコツの出番です。

マスクを装着する。
→ 鼻で呼吸ができません。
  口で呼吸をすることになります。

シュノーケルをくわえる
→ 筒が長いため、浅い呼吸をしていると
  はいた空気が筒に残り、再度吸うことになります。
  新鮮な空気を吸いにくくなります。

この二つが原因で息苦しさを感じたり、
恐怖心を感じたりする方がいらっしゃいます。

また怖がったり、息が荒くなっている方は、
息を吸うことにばかり意識がいってしまいます。

息を吸って吸って、少し吐く。

それでは息苦しくなって当然です。
そこで、

シュノーケルをくわえて快適に呼吸をするには?

いたって簡単!
深呼吸の用慮で大きく吸って大きくはく。ができればOKです。
でもそれが難しいからシュノーケルが怖いんです。という方。
もっと具体的、的確な方法をいうと

息は、吐ききってから吸う!

はいてしまえば、あとは吸うことしかできませんからね!
筒が長くても新鮮な空気を吸うことができますよ!

またツアーの最初、どうしても怖くてあせってしまう方には、
まずは体を一切どこも動かさず、ぷかぷか浮いてもらいます。

そして呼吸だけ意識してもらいます。
なれるまで時間のかかる方もいらっしゃいますが、
まずは呼吸ができないことはツアーを続行できませんからね!

でもこえができれば水中でも息苦しさを感じることなくて
楽しくツアーができますよ!

あと息が苦しくて仕方ないときの対処方法は、
体の動きを全て止める。
深い呼吸を何回か繰り返してください。

この場合はフィンキックが早すぎる場合に多いです。
ちょっとしたコツで楽しくも疲れすぎてしまったりもします。
それがシュノーケル。
独学でなんとなくて楽しめたりできるのもシュノーケル。

ツアーに参加しないと正しい器材の使い方は、
なかなか教えてもらえませんもんね。

でも侮ると事故につながる場合もあります。
安心して海を楽しみたい方は
ぜひ、さんご礁の海からのツアーにご参加ください。

快適シュノーケルのコツでしたっ!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

より快適に楽しくシュノーケリングをするためのコツ(フィン編)

シュノーケルに必要な器材は、
マスク、フィン、シュノーケル。
それとライフジャケットもしくはウエットスーツの浮力確保
できるものです。

その中でもフィンを履くとなんだか強くなった気分になりません?
とっても強くなった気分になりませんか?

多分、僕だけです。。。

最初はフィンのカタログをみるだけでも
わくわくしていました。

フィンによっては長いものは2mぐらいあったり、
一回はいてみたいフィンは今でも数知れず。。。

それではフィンのより快適な使い方編です。

より快適に楽しくシュノーケリング フィン編

まず、フィンを使う前に少しうんちくを。
水中の水の抵抗は陸上の800倍といわれてるそうです。
日本赤十字の水上安全講習時に先生が何回もいってました。

つまり、

陸上と同じスピードで水中で動くと

疲れてしかたないということです。

陸上の800倍疲れてしまうということです。
シュノーケルツアーで見かけるパターンでは
常にバタ足を続けていると

息が上がってしまってる。

方がちらほら。
こんな方は、フィンキックが早すぎる可能性があります。

でもそういう方は日ごろから体を動かして体力に
自信がある方だったりするんですね。
笹川もそうでしたよ~
でも陸に上がるとぐったり疲れてしまう場合も。

も~~っとゆっくりでいいんですよ!

いやもっと的確な表現は、スピードではなくて、
2,3回キックしたら2,3秒休む
それでも進むのがフィンのすごいところなんです。

なので、常にバタ足を続けないですむように
効率のよいフィンキックを心がけましょう!

必要なことは、
どれだけ無駄な動きをなくして、
どれだけ楽に動くかが大切なんですね。

思ったよりもゆっくりこぐ。フィンの基本

もちろん競技ではないので、
無駄な動きではなく、
より疲れない方法として、

2,3回キックしたら2,3秒休む

をおすすめします。
まぁ実際、ゆっくりといわれても水中できれいなサンゴみると
がんばっちゃいますよね~(笑)

またなれていない方は、バタ足がよいです。
平泳ぎのような足の使い方は、初心者の方には
とても向いていません。

ほとんど、水を漕げていないので、
無駄な動きになってしまっています。

あとボートの上でフィンを履いて歩く方がいます。
フィンをはいた状態ではとっても歩きにくいです。
イメージとして

まねはしないでペンギンさん

ペンギンさん。

ヨチヨチ歩きのペンギンさん

水中ではとっても早いのに、陸上はぺたぺた歩いてます。
陸上でフィンを履いたら、ペンギンさんのまねはしないでください。
とても歩きにくく、こけやすいです。そこでより快適にのコツは

後ろ歩きをするととっても歩きやすくなりますよ。

浅いビーチでフィンを履いて歩くときも同様ですね。
シュノーケルで素潜りをする場合もフィンキックは
とても大切。
スムーズな動きで快適にシュノーケリング♪
コツはもちろん海に入る前にお伝えしますね!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。