石垣島の観光スポットのまとめブログです

いろんな観光スポットがいっぱいです!
離島観光に、ビーチでちゃぷちゃぷ遊ぶ?
川でマングルーブを満喫?
山からの絶景も楽しみたい!

いろいろな観光スタイルがあります。
まとめてみました石垣島の観光スポットまとめブログです。


観光マップ!過去にブログアップした観光、グルメスポットを地図にまとめてみました
今までブログアップした観光スポットを地図に
まとめてみました。まずはご覧ください。
観光マップ!過去にブログアップした観光、グルメスポットを地図にまとめてみました

玉取崎展望台 太平洋と東シナ海を見れる観光スポット
太平洋を東シナ海を一望できる展望台!
空港から15分程度のおすすめの観光スポットです。
玉取崎展望台 太平洋と東シナ海を見れる観光スポット

石垣島NO1の観光スポット、日本百景、川平湾です
石垣島観光ではずせない、ほとんどの方が
訪れる川平湾です。
石垣島NO1の観光スポット、日本百景、川平湾です

一度は立ち寄りたい観光スポットブログ!平久保崎展望台
最北端の平久保崎灯台。
水平線が丸く見えるスポットでおすすめです。
一度は立ち寄りたい観光スポットブログ!平久保崎展望台

エメラルドの海と空。そして離島を望む展望台
バンナ公園にある展望台!
見える景色は絶景です。
エメラルドの海と空。そして離島を望む展望台~エメラルドの海を見る展望台~

八重山旅行の王道です!竹富島は半日で楽しめる観光スポットです
高速フェリーで15分。
一番近い竹富島は、半日でも楽しめます。
八重山旅行の王道です!竹富島は半日で楽しめる観光スポットです


石垣島の人気スポット米原ビーチ
ビーチシュノーケルで人気のある米原ビーチ。
おすすめの一つです。
石垣島の人気スポット米原ビーチ

設備はとても充実!底地ビーチで海を楽しむ!
シャワーに更衣室、設備の整った底地ビーチです。
穏やかな海は、初心者にもおすすめです。
設備はとても充実!底地ビーチで海を楽しむ!

安心安全のビーチといえば、サンセットビーチ!
北部にあるサンセットビーチ。
砂地が広がる海は、とても美しいです。
安心安全のビーチといえば、サンセットビーチ!行ってみましたブログです

ハッピーにまたがり、隠れ家ビーチを乗馬体験♪
隠れ家的ビーチで乗馬体験です。
誰もいない開放的なビーチを独り占めです。
ハッピーにまたがり、隠れ家的ビーチを乗馬体験♪

ふらっと寄って楽しめるマングローブの観光スポット
吹通川は、訪れてびっくり!まるでジャングルです!
カヤックツアーでアクティビティも楽しめる川です。
ふらっと寄って楽しめるマングローブの観光スポット 吹通川 アクティビティにカヌーも

絶景!マーペーといえば石垣島北部のシンボルです
石垣島で登山という選択肢もいかがでしょうか?
どこまで続く見晴らしは圧巻です。
絶景!マーペーといえば石垣島北部のシンボルです

石垣で見れるらしい。南十字星ってご存知
星空観測でも有名な石垣島です!
南十字星を楽しんでみませんか?
石垣で見れるらしい。南十字星ってご存知

石垣島のパワースポット。アカハチの足跡
パワースポットの一つです。
アカハチの足跡は、とってもわかりずらい場所に!
石垣島のパワースポット。アカハチの足跡

新しい観光スポットに!具志堅用高ブロンズ像!離島ターミナルに登場です!
離島ターミナルに健在!
石垣市出身の具志堅用高のブロンズ像。
新しい観光スポットに!具志堅用高ブロンズ像!離島ターミナルに登場です!




石垣島の観光スポットをご紹介

定番から隠れ家的スポットまで、
石垣島の観光スポットをブログアップしています!

今までブログアップした観光、グルメスポットをgoogleマップにまとめています。
こちらのサイトもご覧ください。

それでは観光スポットのまとめブログです。
ご覧ください。

定番で王道といえば、川平湾

日本百景にも選ばれた川平湾は、
黒真珠の養殖でも有名です。

エメラルドグリーンの湾内は、グラスボートが
のんびり走っています!

石垣島が初めての方は、ほとんどの方がいく観光スポットです。

もっと詳しく 石垣島NO1の観光スポット、日本百景、川平湾です! のページへ

折角だから最北端へ!平久保崎灯台

水平線が丸く見える場所!
真っ青な海が一面に広がる平久保崎灯台は、
見る人の心を和やかにしてくれます。

もっと詳しく 一度は立ち寄りたい観光スポットブログ!平久保崎展望台。 のページへ

二つの海を見渡せる玉取崎展望台

東シナ海と太平洋。
その二つを見渡すことができる展望台です。
ハイビスカスが咲き乱れる展望台は、
南国の雰囲気をどっぷり楽しめます。

もっと詳しく 玉取崎展望台 太平洋と東シナ海を見れる観光スポット のページへ

その名のとおりです♪

ちょっと名前の長い公園です。

『エメラルドの海を見る展望台』

その名前どおりの展望台です。

もっと詳しく エメラルドの海と空。そして離島を望む展望台~エメラルドの海を見る展望台~ のページへ

まるでジャングルです!吹通川

映画やドラマの撮影場所にも使われたことのある吹通川です。
無料駐車場から下りると、マングローブが広がっています。
まるでジャングルに来たような錯覚に陥ります!

もっと詳しく ふらっと寄って楽しめるマングローブの観光スポット 吹通川 アクティビティにカヌーも のページへ

気軽に楽しむ登山といえばマーペです

地図には、野底岳と表記されていますが、
地元ではマーペと呼んでいます。
登山道は二つありますが、短いコースは
30分あれば頂上までいくことができます。

もっと詳しく 絶景!マーペーといえば石垣島北部のシンボルです。 のページへ

星もきれいにみることができる島です

南十字星をみることができる石垣島です。
時期、時間、いろいろ調整してみると
面白いと思います。

もっと詳しく 石垣で見れるらしい。南十字星ってご存知? のページへ

雨でも楽しめるアクティビティ

手作り体験なら、雨が降っても大丈夫です。
天候不良で急遽予約していたレジャーが中止になった場合には、
手作り体験もよいのではないでしょうか?

もっと詳しく 手作り体験なら雨でも大丈夫♪ジェルキャンドルです! のページへ

名前はありません!誰もいない場所で海を臨む

ガイドブックに乗らない景勝地。
石垣島にはたくさんあります。
その中の一つ。東海岸から西海岸に抜ける途中の道路です。

もっと詳しく ガイドブックにも載らない、隠れ家的観光スポットをご紹介 のページへ

パワースポット。アカハチの足跡

オヤケアカハチ。当時、人頭税に反旗を翻した英雄です。
そのアカハチの足跡が大浜海岸にパワースポットとしてあります。
身も心もリフレッシュです!

もっと詳しく 力みなぎるパワーポイント。アカハチの足跡 のページへ

八重山旅行の王道!竹富島観光!

日本のようで日本でない風景です

ふらっと寄って、楽しめる竹富島は、八重山旅行の王道スポットです。
昔ながらの赤がわらの家並み。舗装されていないあぜ道。
あ~昔の沖縄ってこんな雰囲気なんだなぁ。
タイムスリップした気分でお楽しみ頂けると思います。

もっと詳しく 八重山旅行の王道です!竹富島は半日で楽しめる観光スポットです のページへ


どこにいっても海がきれいです!
それが石垣島の良さです。
その良さをさらにパワーアップしてくれる観光スポットの
ご紹介でしたっ!

ではでは

観光マップ!過去にブログアップした観光、グルメスポットを地図にまとめてみました

石垣に特化した情報を発信をテーマに、
日々ブログアップをしているシュノーケル専門店
『さんご礁の海から』です。

そろそろグルメブログや観光スポットブログのコネタが
たまってきたなぁ。ということで、
さんご礁の海から、勝手に観光マップのまとめブログです。

赤色が観光スポットブログで黄色がご当地グルメブログです。
土地勘がないと移動一つで億劫になってしまいますよね。

ちなみに億劫っていうのは、時間の単位だそうです。
諸説いろいろあるそうですが、由来は、
『一劫』が100年に一度、天女が舞い降りて、
羽衣で岩をなでる。その岩がなくなるまでの時間を『一劫』
というそうです。

それが『億』になるわけですからとてもとても長い時間を示すことから
めんどくさいことを意味するようになったそうです。
仏教用語だそうです。

石垣の移動でそこまで億劫になる必要はありません(笑)
道にまよっても一周120kmです。
日が落ちる頃にはホテルに戻れると思いま~す!

それでは現在リストアップされている
おすすめ観光、おすすめグルメのリストです。

玉取崎展望台
太平洋と東シナ海を一望できる展望台です。
さんご礁の海からの事務所までレンタカーで10分程度
です。


東シナ海を一望。ガイドブックに載らない隠れ家的スポット
東海岸から西海岸に山越えをする道路。
そこから見える景色が絶景です。


登山という選択肢も。北部のシンボル、マーペ

登山口から頂上まで20分程度。
少し急斜面ですが、手ごろに楽しめる
石垣北部のシンボル、マーペ(野底岳)


最北端、平久保崎灯台

水平線が丸く見える場所。
それが平久保崎灯台。


サンセットビーチ

砂地の広がるビーチ。
海水浴にはおすすめのビーチです。


日本百景、川平湾

石垣島にきた方のほとんどの方が
訪れる場所です。


マングローブが広がる吹通川

無料駐車場の階段から降りると
マングローブが広がっています。


エメラルドの海を見る展望台

竹富や西表、天気がよければ
波照間まで見渡せる展望台です。


ゆらてぃく市場

地元の食材がいっぱい!
興味のある方は、とても面白いと思います。


米原ビーチ

手軽に海水浴を楽しめるビーチです。


ここからはご当地グルメブログです。

あさひ食堂
地元に大人気!
ボリューム満足、そしてリーズナブル。

住所 沖縄県石垣市登野城218
電話番号 0980-82-3234
営業時間 11:00~21:00
定休日 日曜日


焼肉やさんといえば。きたうち牧場、炭火焼肉 大、いしなぎ屋

きたうち牧場

住所 沖縄県石垣市浜崎町2-3-24
電話番号 050-5869-5528 (予約専用番号)
     0980-83-7000 (お問い合わせ専用番号)
営業時間 11:30~23:00(ランチL.O.16:00)
     (ディナ-L.O.22:30)
定休日 日曜日

焼肉金城から名前が変更。
きたうち牧場になりました。

炭火焼肉 大
住所 沖縄県石垣市真栄里307-6
電話番号 0980-83-8989
営業時間 11:30~14:00(L.O.13:30)
     17:30~22:00(L.O.21:30)
定休日 不定休(7・8月)

いしなぎ屋
住所 沖縄県石垣市字大川43
電話番号 0980-83-9929
営業時間 焼肉専家
     昼の部 11:30~15:30
     夜の部 17:00~22:30(LO 22:00)
定休日 不定休


うこん練りこみそば。のりば食堂

うこん練りこみの麺をしようした
おそば屋さんです。

住所 沖縄県石垣市登野城619
電話番号 0980-82-7745
営業時間 [月~土]完売次第終了
10:00~21:00(ラストオーダー20:30)
[日]完売次第終了


老舗の一つ。キミ食堂

かんばんメニューは味噌そばです。

住所 沖縄県石垣市登野城319-6
電話番号 0980-82-7897
営業時間 10:00~19:00
定休日 第2・4水曜日


◎ウリウリカフェ
石垣牛を使ったウリウリバーガー!
一周ドライブのランチに。

住所 沖縄県石垣市伊原間2-511
電話番号 0980-89-2002
営業時間 [金土日月火] 11:00-17:00 (LO16:30)
     [水]11:00-15:00 (LO14:30)
定休日 木曜日


伊野田集落にある食堂。ヤスとカマーの店
地元の方がよくいく食堂です。

住所 沖縄県石垣市桃里201-129
電話番号 0980-89-2452
営業時間 11:00~15:00 18:00~21:00
定休日 金曜日


ミルミルのジェラート
空港にテナントが入っていますが、
どうせなら、店舗にいってほしい!
海を一望できます。

住所 沖縄県石垣市新川1583-74
電話番号 0980-87-0885
営業時間 10:00~18:30
定休日 無休


手打ちめん処 鍵

きしめんのおいしいお店です。
ハイビスカスのてんぷらなど
島の食材がおいしいです。

住所 沖縄県石垣市伊原間2-160
電話番号 0980-89-2441
営業時間 11:00~15:00
定休日 水曜・木曜


とうふの比嘉

豆腐やさんが作るおそば。
ヘルシーメニューです。
ゆし豆腐そばがとってもおいしい!

ゆし豆腐そば。そばが見えません!

住所 沖縄県石垣市字石垣570
電話番号 0980-82-4806
営業時間 6:30~15:00 朝食営業、ランチ営業
定休日 日曜日


明石食堂

行列ができる石垣島の有名、人気店です。
北部にあるお店です。ドライブ途中にどうぞ!

白く濁ったダシ。濃厚です

住所 沖縄県石垣市伊原間360
電話番号 0980-89-2447
営業時間 11:00~15:00、18:00~21:00
定休日 月曜日、火曜日

※定休日や営業時間は、ブログ作成時のものです。
 変更がある場合もございます。ご注意、並びにあらかじめ
 ご了承ください。

トミーのパン

隠れ家的場所に存在するとてもおいしいパン屋さんです。

ほら、ありました!トミーのパンです

沖縄県石垣市川平1216-591
定休日 火曜・水曜
営業時間 朝早くから15時くらいまで?

※定休日や営業時間は、ブログ作成時のものです。
 変更がある場合もございます。ご注意、並びにあらかじめ
 ご了承ください。

もちろん、弊社はシュノーケル専門店。
空港からレンタカーで10分程度。
到着日のシュノーケリングや移動日のシュノーケルに
関してもご相談ください。
スケジュールは柔軟に対応できるようにがんばっております。

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

安心安全のビーチといえば、サンセットビーチ!行ってみましたブログです

ツアーに参加されるお客さんと
お話しているときに、よく旅行スケジュールや
観光スポットの話を聞いたり話したりするのですが、

自分の知っているころと変わってきてるんだなぁと
思っていた場所がありました。
それはサンセットビーチ♪

防護ネット?駐車場?シャワー?

えっ!?何もなかった場所だったはず!

ということで行ってみましたっ!

海に入らなくても楽しめる観光スポットです

うん!青い空には青い海が似合う!

それはかわらず健在です!
クリアな海にキレイな砂浜が広がっている!
最高のビーチです!すばらしい!

石垣にある手ごろに遊べるビーチとして有名どころは、
フサキビーチに真栄里(マエサト)ビーチ。米原ビーチなどなど。

やはりビーチは気兼ねなく楽しめるのですが、
設備が。。。泳いだあとは着替えやシャワー。
いろいろ考える方がいらっしゃると思います。
その点では、サンセットビーチはとてもキレイですが、
今までおすすめできなかったのですが、
なんと!

海の家ができている!

クラブハウス内からの写真

ちゃんとシャワー、更衣室、トイレも完備!すごい!
ご家族でちゃぷちゃぷ楽しむには絶好の場所となっています!
あとビーチにはあると安心、防護ネットも。

防護ネットもあるので安心です

これでハブクラゲに刺される危険もぐぐっと減ると思います!
でも絶対ではないのでご注意を。

ビーチには監視員の方もいるし、
何かあったらをご心配される方には
とても安心のビーチとなりました。

でも賛否両論。
海に不安のある方や安心して楽しみたい方には
おすすめのビーチですが、ぐいぐい泳いで楽しみたい
ベテランシュノーケラーにはちょっと面白いみがかける
かもしれません。

防護ネットをはるとハブクラゲなどの危険生物が
入ってきにくくなります。安心ではありますが、
魚の出入りが少なくなります。

泳いでいて、砂地ということもあるのでしょうが、
あまり魚さんを見れなかったです。

監視員さんがいるということは、
逆にあまり自由が。。。

つまり、安全を優先すると幅が狭くなってしまう。
その人その人に合わせた行動範囲というのが
なくなってしまうときもあるように思いました。

なので、ビーチでちゃぷちゃぷしたくて、
あまり海に慣れしたんでいなくて不安のある方には、
とてもおすすめのビーチです!

でもこんなキレイなビーチだったら、
砂浜に座っているだけで十分ですね!

最高の景色です

ちなみにクラブハウス(有料)というんでしょうか?
中に入ってもとてもキレイな海を楽しめる観光スポットです。

クラブハウス(有料)からの景色もきれいです

場所は、石垣島の北になります。
最北端、平久保崎灯台より少し南。
車で市街地からは1時間15分程度です。

少し遠いビーチですが、
サンセットビーチというぐらいです。
夕日もとてもきれいです。

石垣で有名な夕日スポットといえば、
フサキ灯台や御神崎灯台が有名ですが、
繁忙期は、渋滞するときもあるとか。

その点、サンセットビーチは市街地からも
離れているため、あまり人がいないと
聞いています。
夕日の穴場スポットですね!

ぜひおすすめしたい場所の一つです。

その他、周辺情報

アクセス
 市街地、離島ターミナル、バスターミナルからレンタカー,車で80分
 川平方面からレンタカー、タクシーで50分
 空港からレンタカー、タクシーで30分
 バスは本数が少ないため、あまりおすすめできません。

 平久保崎灯台の手前にあります。

駐車場
 有料駐車場があります。
 料金は300円

 クラブハウスへ入場は300円
 トイレ、シャワー、更衣室を利用できるように
 なります。

駐車場あります(300円)

滞在時間の目安
 気の向くまま何時間でも。

ポイント周辺情報
 久宇良(クウラ)という集落にあるビーチです。
 集落にはコンビニなどのお店は特にありませんので、
 事前に必要なものは買出ししてから行った方が
 よいと思います。

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

観光、旅行、ドライブの楽しみ方!レンタカーでの移動時間の目安(交通編)

ご存知の方も、ご存知のない方も、
石垣に旅行、観光に来た際に知っておきたいこと!

意外と石垣島って広い!

距離にして周囲120km
一周ドライブしようとすると、どこも立ちよらなくても
3時間半ぐらいの時間が必要になります。

でもちょっと足を伸ばして、
日本百景の川平湾や、最北端平久保崎灯台!
ちょっと夕日でも見に行きたい!
海の見えるランチ、評判のいいカフェ、ご当地グルメ
を楽しみたい!

なんてお考えの方!

基本的には、レンタカーがないと不便です!
では、まず、こちら地図を。

各エリアのレンタカーでの移動時間目安

黄色のエリアは、観光スポットや宿泊施設のあるエリアです。
それぞれのエリア間のレンタカーでの参考移動時間を
書いてみました。

旅行、観光される多くの方の拠点は、
ご宿泊先のホテルや民宿、ペンションになると思います。

市街地、川平、伊原間に宿泊施設はあります。
一番多いのは、なんといっても市街地エリア。

空港から市街地までは車で20kmから25km。
時間にして30分程度。

バスでは、準急で40分。普通で45分程度。
タクシーでも時間にして30分程度はかかります。

空港から市街地までのバスは、15分程度に一本はありますが、
それ以外の観光スポットに行くには、本数が激減。。。
とっても不便だったりするのです。

ちなみに石垣島、電車はありません!!

自転車で一周?いえいえ8時間以上はかかります!

ちょっとした観光には、やはりレンタカーは必需品です。
夜は居酒屋やバーでお食事。でもお酒のめないなと
悩んでしまう方には、代行もありますのでご安心ください。

意外と都会の石垣島です。
コンビニは18店舗、24時間営業のマックスバリュー。
TSUTAYAにマクドナルド。空港にはなんとスターバックス♪

不自由しないじゃないか!

と思うかもしれませんが、それは市街地エリアでの話しです。
市街地から出ると、そこはもう沖縄風景♪
サトウキビ畑と牛さんが放牧されたのどかな風景に
早変わりです。

川平エリアや伊原間(イバルマ)方面のホテルや民宿、ペンションに
ご宿泊の方は、特にレンタカーをおすすめします。

逆に、

私、免許もないからレンタカーを借りる予定はないんです!

という方には、

東バスの定期観光バスにご参加するのも一つの方法です。

下記、そのまま東バスのホームページ抜粋しまーす!

コースは午前発石垣島一周観光(Aコース)と午後発石垣島半周観光(Bコース)の2本をご用意致しました。

Aコースは、おじさんガイド(前花 安勝 氏)による島言葉の案内と、三線の調べに乗せた島唄でご案内致します。4時間30分でお手軽に石垣島の主要な観光地をめぐることが出来ます。観光終了後は、最寄の公設市場散策、石垣港ターミナルビルも近いので竹富島へ出かけることも可能です。

とのことです。
島言葉の案内と三線(沖縄の楽器です)で案内する4時間30分のコース。
ご参加されたお客さんはとても喜んでいらっしゃる方もいましたっ!

ちなみに『おじさんガイドはお休みを頂く場合もありますので予めご了承下さい。』
と書いてます(笑)
そりゃそうです。お休みもないと体が持ちませんもんね!

また、レンタカーなしの旅行スタイルとしては、
宿泊する民宿などの送迎サービスを利用するのも一つです。

チェックイン、チェックアウトの際の送迎サービスがあれば、
お願いする。

滞在中の移動に関しては、
宿泊施設のスタッフが市街地に買出しを行なう際に
便乗してしまう作戦も一つです。

でもこれは、要問合せですよね!
あまり喜ばれない場合もありますのでご注意を。

以前勤務していたダイビングショップ兼宿泊施設をかねたショップでは、
1日一回は必ず、スタッフが市街地に買出しに行きます。
その時に便乗されるお客様もいらっしゃいました。

でもそういうことが可能は宿泊施設は、大型ホテルとか
ではなく、小規模のアットホームな民宿タイプに多いです。
ちょっとしたご参考まで。

それでは、簡単に観光スポットから
の車での移動時間の目安です。
ご参考までに!

空港 → 市街地 30分
空港 → 川平 30分
空港 → 最北端、平久保崎灯台 45分

市街地 → 川平 30分
市街地 → 最北端、平久保崎灯台 1時間15分
市街地 → 夕日の見える御神崎灯台 40分

離島ターミナル → 市街地 徒歩、もしくは車で5分程度
離島ターミナル → 川平 30分
離島ターミナル → 最北端、平久保崎灯台 1時間30分

一周ドライブ観光ブログもご参考に!

あと忘れてはなりません!レンタカーで観光ドライブをした後の給油。
ガソリンスタンドのENEOSは10箇所あります。
その中で1店舗だけクレジットカードの使えないENEOSがあります。
最北端の伊原間のガソリンスタンドです。
ご注意を!

忘れてましたっ!
レンタカーを借りる予定のない方、
よろしければ、弊社ツアーもご検討ください!
無料送迎しております!

では良き旅を!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

一度は立ち寄りたい観光スポットブログ!平久保崎展望台

石垣をドライブする方は、ほとんどの方が立ち寄っている場所ではないでしょうか?

石垣島最北端、平久保崎灯台

石垣最北端の平久保崎灯台入り口

最北端とか最南端とか。一番端っていう場所には、なんだかビビッとするものがありますよね!この平久保崎灯台は、その一番最北端だよ!っていう期待を裏切らない場所です。300度以上の展望を誇る海を見ていると

水平線が丸く見える場所です!

海に入らなくてもその透明度の高さがわかるくらいに紺碧の青をこの灯台から見ることができます。

紺碧の青!とってもキレイです。

この日は、偶然にもパラグライダーが平久保崎周辺を飛んでいました。とっても気持ちよさそうです。

最高のぜいたくですね!

灯台のすぐ近くに、火番盛といわれる小高い山があります。何をする場所かというと、

火番盛は1644年(順治元)頃に設置されたとみられ、沖縄本島の首里王府への税を納めるためなどに行き来していた船や外国船の到来などを監視し、その情報を「烽火」(火と煙)によって、当時、行政の中心となっていた役所である蔵元に伝えるために造られたものです。

石垣市役所のホームページから一部抜粋

らしいです。
小高い丘は他にもいっぱいあるので、この場所かどうかは、少しあいまいですが、とても見晴らしがすばらしいです。

小高い丘からの展望も最高です

この平久保崎灯台にいくなら、晴れた日をとてもおすすめします。また北風が強い日は、おすすめしません。
最北端にあるだけあって、北よりの風があるときは、とても強風が吹きます。間違っても台風前に行くことは避けましょう!

空を飛んでしまいまそうになります(笑)

お客さんとシュノーケルツアーのスケジュールのお問い合わせの際に、平久保崎灯台は、どうしても子供たちに見せてあげたい!という方がいらっしゃいました!そんな会話を思い出します。

年に数回は笹川も訪れることがあります。やはりそのたびに、すばらしいと思って帰ってきます。ただ、やはりそこは最北端。少し遠いです。伊原間の集落(国道390号の最終点)を過ぎたあたりから、風景はサトウキビ畑が続きます。

石垣島には、代表的な灯台、展望台が三つあります。

東には玉取崎展望台
西には御神崎灯台。
そして最北端には平久保崎灯台。

それぞれの場所にも

青い空と青い海が見れます。

晴れた日であれば、期待を裏切らない絶景スポットの一つです。ぜひお立ち寄りください。

滞在時間の目安
 30分程度

ポイント周辺情報
 トイレ、自動販売機が駐車場にはあります。 駐車場は台数に限りがあります。繁忙期は、渋滞する日もあるそうです。夏の晴れた時は絶景を楽しめる観光スポットです。冬の平久保崎灯台はとても北風が強いです。ご注意を。間違っても台風のときには行かないようにしましょう!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

キミ食堂。看板メニューは味噌そばです

やはり、ガイドブックに載っているお店は、
観光の方が好むお店が多かったりします。
やはりガイドブックは、観光の方のために
作った冊子ですもんね。

ブログで紹介したいのは、地元の人がよくいくお店。
色々なランキングをみるとやはり観光の方が好むお店と
地元が好むお店は微妙に違うものです。

今回も地元が好むお店をご紹介♪
昔からあるキミ食堂。
看板メニューは八重山そばではなく、

味噌そば

です。

お昼ご飯の時間にいくと
店内はお客さんでいっぱい。
待ち時間があると他のお店に
ついついいってしまう笹川です。

なので、ブログアップが遅くなって
しまいました。

ではキミ食堂をご紹介

二号店のキミ食堂。ピータイム駐車場内にあり

看板メニューは八重山そばではなく
味噌そばです。

看板メニュー味噌そば

こってり風味。味は濃い目。
地元の方は

あじくーたが好き

味が濃いの方言です。この味噌そばもしかり。
もちろん本土の方でもおいしく食べれる濃い味です。

値段もお得な500円。安い!
石垣で飲食店をするなら、
ボリューム満点、値段がリーズナブルでないと
長続きしないといわれています。

先日、シュノーケリングをご利用頂いたお客さんは、

大阪は安くておいしいが当たり前。
東京は高くてもおいしいが当たり前。

といってました。
石垣の場合、安くてボリューム満点が当たり前
となるのでしょうか?

キミ食堂はしっかりお安く、ボリュームもそこそこあります。
守備範囲は濃い味だけではありません。
他のメニューでは、

月見そば。目玉焼きがのっている!

石垣で初めて食べた、月見そば。
目玉焼きが入っています。
添えている野菜もしっかり味付け。
でもだしは薄味。とってもおいしい。

今日の日替わりメニュー豚野菜炒め。
やはりこちらもボリューム満点でした。

そして石垣らしい!と思ったのが、
セルフサービスのお茶。

セルフサービスの麦茶はウコン入り

ウコン入り麦茶。

ほんのりと香るウコンは苦手な方でも
大丈夫。癖が強いわけではなく、
飲みやすいお茶でした。

お箸も沖縄風です。

沖縄のお箸は二色カラーです。

赤色と黄色の二色が沖縄のお箸の特徴。
「うめーし」というそうです。
赤は太陽。黄は月をあらわしているそうです。

昔は、赤の部分はうるしで滑り止め。
黄の部分はウコンを塗って、殺菌していたそうです。

やはりここらへんが石垣らしい食堂といったところ
ではないでしょうか?

キミ食堂は二店舗あります。

マックスバリュー石垣店の向かいは、
昔ながらの食堂といった雰囲気です。
でもお昼時間はやはり混み合います。


大きな地図で見る

駐車場はマックスバリューを利用してもよいそうです。
時間がない方は、2号店がおすすめです。


大きな地図で見る

パチンコ ピータイムの駐車場内にあります。
ちょっと雰囲気がありませんが、駐車場は広く、
お店も広めです。

もちろんパチンコ屋さんの店内に
入らなくても食堂にはいけるので、
ご安心を。

八重山そばの分類になるかどうかわかりませんが、
味噌そば。どこでご飯食べようか悩んでいるようであれば、
行って見る価値はある島の食堂です。

住所 沖縄県石垣市登野城319-6
電話番号 0980-82-7897
営業時間 10:00~19:00
定休日 第2・4水曜日

営業時間、定休日は、ブログアップ時の
情報です。変更等がある場合もございます。
あらかじめご了承ください。

その他、周辺情報

アクセス
 市街地、離島ターミナル、バスターミナルからレンタカー,車で10分
 川平方面からレンタカー、タクシーで40分
 空港からレンタカー、タクシーで30分

 二店舗ともに市街地にあります。
 市街地にご宿泊の方であれば、車で10分程度で到着します。

駐車場
 一号店は真向かいのマックスバリュー駐車場をご利用OK
 二号店はパチンコ ピータイムの駐車場をご利用OKです。

 マックスバリューの駐車場は何気に狭く、
 車の運転に自信がない方は二号店をおすすめします。

ポイント周辺情報
 観光に来て、パチンコはあまりおすすめしません。
 ご注意ください。(笑)

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

絶景!マーペーといえば石垣島北部のシンボルです

石垣島北部のシンボル、マーペは、絶景の観光スポットです。
マーペ。名前だけ聞くと

何それ?

なんのことだかわかりません。
正式名は野底岳と地図には表記されています。
そう、山のことです。
地元ではマーペと呼んでいます。

↓海からみるとこんな感じに見えます。
 なだらかな山並みにポツンと飛び出たとんがり山です。

なだらかな傾斜にぽつんと飛び出ているのがマーペです。

遠くからみてもかなり傾斜のありそうな
とても険しそうな山に見えます。

でも実は、登山口から山頂までは20分程度で到着。
標高は282m。傾斜はそれなりにありますが、
お手ごろな山といった感じです。

先日、晴れた日に登ってみました。
山頂からの景色。

山頂からの景色。青い海と青い空。どこまでも続いています。

360度の展望です。
エメラルドグリーンの海は見渡す限り続いています。
抜けるような青空と海がどこまでも続いています。

向きを変えれば緑の山並みがきれいです。

眼下に広がる石垣島の山並みもきれいです。

今の僕なら空を飛べる!

そんな勘違いまでしてしまいそう(笑)
ちなみに山頂はとても狭い。

山頂は狭い!大きな岩がごろごろしています。

半径8mもないです。狭い。そして岩がごろごろ。
岩の上に座ってのんびり絶景を堪能。
岩の下を除くと

絶壁!!!

やっぱり僕は空を飛べません。(怖)
海からみてもあれだけのとんがり山ですもんね。
山頂も狭くて当然かもしれません。

それではマーペの由来をご紹介。

その昔、琉球政府時代に、行われた移住政策がありました。
黒島の道路を境界線としてどちらか片方をこのマーペの麓の
集落に強制移住させたそうです。石垣島の未開拓の土地から
年貢の増収を見込んでの政策だったそうです。

その中にいたのがマーペさんです。女性です。
マーペさんには、カニムイという将来を約束した彼氏が
いたそうですが、引き離され、この山の麓の集落に
移住することになりました。

マーペさんは寂しくなってはこの山にのぼり、
黒島の方をいつもみていたそうです。

そして最後は石になってしまったという伝説が
残っています。

それがこの山の名前の由来です。
ちなみに石垣島の伝説は、

最後、石になる方が多いです。

だから石垣島っていうんですね(笑)
この伝説から生まれた民謡のが

つんだら節

方言でつんだらは寂しいを
意味するそうです。

そして年に一回行っている祭りが

つんだら祭り

です。
この祭りのときには黒島からも
公民館長や黒島の民謡を歌ったり踊ったり。
にぎやかなお祭りとなります。

寂しい伝説が残る山ですが
頂上からの景色は絶景の観光スポットです。
少し登山に興味のある方は登ってみては
いかがでしょうか?
360度の絶景はおすすめです。

周辺情報等
アクセス
 市街地、離島ターミナル、バスターミナルからレンタカー,車で40分
 川平方面からレンタカー、タクシーで30分
 空港からレンタカー、タクシーで30分

 野底林道の中腹に登山口があります。

マーペの登山口は野底林道にあります

登山口にはちゃんと看板も

登山口は東側と西側の二箇所あります。
今回トライしたのは東側の登山口になります。
傾斜は急ですが、短い時間で登れるのが、
東側の登山口です。

駐車場
 登山口入り口にちょっとした車を停める
 スペースがあります。

登山時間の目安
 登り20分程度
 下り15分程度

その他
 登山道は傾斜があり、
 下りは滑らないように注意が必要。
 危ない場所はロープもあります。

傾斜のある登山道ですが、危ないところはロープが付いています。

 また登山道は狭く、一人が
 通れるぐらいの道です。

 暑くても長袖、長ズボンが基本です。
 草木が長く、体に擦り傷がつき易いので
 ご注意ください。

石垣島のイメージといえば海、離島、シーサーなどなどですが、
登山という観光スポットもおすすめです。

山に登れば、より一層、海の景色を楽しめるのも
離島ならではです。

ぜひお試しください!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

シュノーケリングツアーの口コミサイト

ブログアップ、最近ご無沙汰していました。
最近、白保のシュノーケリングショップのヘルプの方も
いそがしく、伊野田、白保をいったりきたりしています。

バブルリング

相変わらず、カメラはまだ水没したままで
購入していないので、昔とった写真で代用です。
この写真はバブルリング。
水中で息を輪を作るようにして出すと
リング状になって上がっていきます。
シュノーケルでするには素潜りができなければなりません。
なれていない方は練習からですね。

今日は時間があったので、
インターネットでぽちぽちいろいろ
遊んでいたら、

あら!さんご礁の海からの口コミコメントがある!

石垣島のおすすめシュノーケルツアーランキングというサイトに、シュノーケルツアーのご参加頂いたお客様のコメントがのっていました!

人見知りする子供がいましたが、ガイドの人が上手にあやしながら海につれていって
くれました。面白いツアーでした:男性/ 40代)

親切な対応をしてくださいました。○川さん、これからもがんばってください。
応援しています。:女性/ 40代)

海も貸切状態!お兄さんも丁寧!泳げない私も安心して、じっくりたっぷりシュノーケルできました。
ありがとうございました♪:女性/ 30代)

最初はこわかったけど、最後にはサンゴを楽しめました:女性/ 60代)

サンゴがすっごくきれいでした!のんびり楽しめました 30代)

ホントに貸し切りの海だったよ40代)

やさしいお兄さんでした:女性/ 70代)

初めての海で不安がいっぱいでしたが、楽しめました!:女性/ 50代)

のびのび楽しめました:男性/ 50代)

海が苦手な娘も楽しめましたよ!キレイな珊瑚やお魚たちに感動貸し切りの海
絶対おすすめです(^^):女性/ 40代)

家族3人でも貸切にしてくれた。子供も大喜びでした:男性/ 50代)

などなど
うれしいです。みなさんありがとうございます。
ツアーは小型ボートで少人数がスタイルのショップです。
平均人数2名から4名ですから、小さいお子様のいるご家族、親子で3名なら
迷わず貸切にしちゃいますもんね!

投稿してくださった方ありがとうございます。

もう一つのサイト

石垣島シュノーケルポイントランキングには、

★親切で楽しかった

★丁寧だった

★きれい珊瑚が一杯で楽しかった

★気さくなお兄さんが楽しかった

★初心者だったけど、丁寧に教えてくれました。楽しくシュノーケルできました。

などなど。うれしいコメントもぞくぞくと増えております。
投稿してくださった方、またはこれから投稿しようとしている方。
ありがとうございまーす。

この口コミサイトっていうのは、
自分のお店を自分のお店のスタッフが
投稿する場合が多くて、あまり信用していなかったんですが、
ちゃんとコメントを残していただいているお客さんがいらっしゃるというのは
うれしいです。

何も知らない、誰も使っていなかった場所でお店をオープン。
シュノーケリングツアーとして成り立つかどうかわからない中で、
試行錯誤してやっと見つけたポイント。
不安だらけでスタートしていた分、ご利用頂いたお客様の声はとても
うれしいです。
これからも色々な形で叱咤激励をお願いします!

これから梅雨に入り、夏シーズン本番になっていきます。
さんご礁の海からをご利用いただくお客様にはしっかりサンゴと魚と
シュノーケルを楽しんで頂けるようがんばります!

これからもがんばりーます。
よかったら皆さんコメントお願いしまーす。
ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

ガイドブックにも載らない、隠れ家的観光スポットをご紹介。東シナ海を一望できるスポット

エメラルドグリーンの海が広がっていて、
きれいな緑色の山々の向こうには川平湾。
鳥の声と風が吹けば、葉の音がここちよいです。

今まで悩んでいたことが小さく思える場所!

ガイドブックに載っていないとか隠れ家的とか
地元の人も行かないスポットって
自分だけの場所みたいで、とっても得した気分になります。
見えるもの、聞こえるものはぜーんぶ気持ちよい場所です。

東シナ海を一望。隠れ家的スポット

写真では伝わらない。
ぜひドライブに寄ってみてください。

石垣島の東海岸⇔西海岸にショートカットをする道路。
伊野田小学校のすぐ裏どおりを道沿いに進むとくねくねした道。
頂上を越えたあたりに橋が見えてきます。
そこからの景色です。

車から降りて深呼吸。

人のいない自然界っていうのは、無音ではなくて、
逆にぎやかなんだなぁ。と実感することができます。

この道、車通りも少ないので、
いろいろな生き物をみることもできます。
例えば、天然記念物カンムリワシ。

カンムリワシに出会える確立も高いかも

コンクリートの壁にむき出しになっている大木の根っこ。

コンクリの壁をつたう植物の根

ヤエヤマオオコウモリも木にいっぱい
止まっていることもあります。
夜にいけばヤシガニが歩いていることもあると聞いたことがあります。

伊野田から川平に移動する際に自分はよく使っているのですが、
この道路を通れば、ドライブ気分でとても楽しいです。

もし、レンタカーが止まっていたら、
さんご礁の海からのブログを見た人かもしれません。
なんてったって、ガイドブックにも載っていない隠れ家的スポットですから。

東シナ海を一望。
静かで自然を満喫。そして独り占めできる
とっても健やかな気分になれる、
ガイドブックには載っていない隠れ家的、おすすめの観光スポットです。

場所はこちら


大きな地図で見る

そして次の場所は、
野底林道の途中にある場所です。

野底林道の入り口

こちらも東海岸から西海岸に山越えする途中の場所です。
途中はちょっとしたくねくねした道ですが、
基本的には整備されたキレイな道です。

ちょっとした休憩所があります。

赤がわらのちょっとした休憩所が見えてきます。
ここからの展望がすごいキレイです。

休憩所からの展望

最近の携帯のカメラ機能はすごい。
パノラマモードで撮影したら、

ワイドで撮影。

こんな風に撮れちゃいました!
迫力が伝わるでしょうか?
海と空。眼下に広がる緑までもきれいです。

野底マーペへの登山口の近くでもあります。
登山に自信がない方でも車でいけるので
おすすめの場所です。

隠れ家的スポットなので、
他の人には内緒ですよ(笑)

アクセス情報

 市街地、離島ターミナル、バスターミナルからレンタカー,車で35分
 川平方面からレンタカー、タクシーで30分
 空港からレンタカー、タクシーで20分
 バスはありません。

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。