もずくつかみ取り?グルクンから揚げ?8月3日?

今日は、お客さんなしの日となりましたっ!
こんな日は、日ごろ溜まった雑用を仕上げようと
思い、ふと、思い出しましたっ!
あっ!そういえば、

もずくのつかみ取りの件、どうなったっけ?

本日のブログは、伊野田漁港の雑用係担当笹川がお送りします。
港が完成して20数年。
今年は、念願の港祭りをしようじゃないですか!
ということになったんです!
そのイベントの一つとして、

もずくのつかみ取り!

とってもユニークじゃないですか!
イメージしてみてください!
ちょっとしたプールみたいな場所を作って、
そこにモズクがわしゃわしゃ♪

みんなでわいわいしながら、
手にはもずく♪
うーん、楽しそうです!

じゃぁ、そのモズクは誰が調達するのかというと、
もちろん、伊野田漁港の漁友会のメンバーで
とってくるしかありません!

そこで、昨日、早速会長に電話。
もずくつかみ取りの件ってどうします?

あっ!忘れてた!

というこで、行ってきましたっ!
伊野田海域の秘境!もずくパラダイスへ!

ドボンとエントリー!
眼下に広がるモズクたち!
それは決して美しい光景とはいきませんが、
宝の山です♪

伊野田海域の秘境、モズクパラダイス

メンバーは、漁友会5人です。
実は、モズクシーズンは終盤戦。
連休明けには、もうダメかもしれないとのことで、
最初で最後の追い込みとなっています!

まぁここら辺のドタバタっぷりは、
もう皆さんなれたものです(笑)

今回の段取りとしては、

モズク収穫 → 天日干し 
→ 乾燥したもずくを祭当日まで保存
→ 当日、水に戻すともずく復活。

を予定していました。
乾燥させてしまえば、長期保存可能。
そして収納するスペースもそんなに
多くは必要ありません。

しかしここで誤算が一つ。

今日の天気は曇り、雨模様・・・。

あいにくの天候のため、急遽段取り変更

天日干しが、できません。。。(涙)
大量に収穫したモズク。
約200kgのモズクを無駄に腐らせておくわけにはいきません!

そして急遽、塩漬け保存することへ。
伊野田に二つある生命線の売店へ!
塩25kg。買い占めてきちゃいました~♪

我々には、港祭りで、モズクつかみ取りを
成功させるために、モズクを腐らせるわけにはいかないのです。

そこには大義名分があります!

ごめんなさい、塩が急ぎで欲しかった集落の皆さん。
申し訳ない。

そして必要なものは、もう一つ。箱です。
200kgを収納できるケース。
急遽、用意したクーラーボックス。
サイズは100リットル×二個。

10分後には、塩、ボックスを用意できる当たりが、
漁友会のメンバー。普通の一般家庭にはなかなかないですよね!
素敵です。

そして25kgの塩を馴染ませること約30分。

塩付けしたモズク。

こんな感じです。
これでも塩が足りない可能性があるそうです。
もし、腐ってしまったらどうしょう。

もずく風呂でもいいじゃない?

これが沖縄の『なんくるないさー精神』の骨頂♪
そうならないことを祈るばかりです(笑)

そして、とうとう港祭の日程が決まりました。
8月3日です。
場所はもちろん伊野田漁港です。

当日は、モズクつかみ取り。グルクンのから揚げ、
ちょっと名の知れた方のステージを予定しています。

ご旅行の日程が合う方は、ぜひお越しくださいね!
本日は、伊野田漁友会、港祭ブログとなりましたっ!
今後の準備具合もブログアップしていきます!
お待ちください!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。