潮の満ち引きが与える影響|ろうそくの形?タケノコの成長

海に携わっているので、潮の満ち干き(干満)というのは日々敏感に感じています。

潮の満ち引きというのは

朝、海に行くと近くの岩がみえていたのに
お昼に行くとその岩が海水で隠れていた。

といった感じで、海の水は移動しています。
12時間周期で満ちて引いてを毎日繰り返しています。

近所の海岸で撮影してみました。

↑満潮の写真
 石碑のすぐ後ろまで水がきています。

↑ずーっと先まで干上がって
 岩盤がむき出しです。

↑ 満潮時間帯
 砂浜は見えていません。

↑ 干潮時間になると砂浜がみえてきます

潮の干満がダイビング、シュノーケルに与える影響は
潮が引いて水深が浅くなりすぎるとボートが走らなくなる場合があります。
干潮帯(潮が引いて浅くなってる)なので、お昼から出港できませんとかって
いわれたことありませんか?

もしかするとイタリアの大型豪華客船コスタ・コンコルディアが座礁した事故は
満潮(水深が深くなる)の時間帯であれば、無事だったかもしれません。

潮の干満差が世界一を誇る、北アメリカの大西洋岸にあるファンディ湾の映像

約12.4時間の間に、1,150億トンもの水が湾を出入りし、
干満差は最大で15mにもおよぶそうです。

これはすごいパワーだと思います。
もしこの水の量を移動させる機械を作るとしたら、
どんな大規模な機会が必要なんだろうと思います。

潮の満ち引き(干満)の原因は

月の重力によって起こります。

これは学校の授業でならったことがあるようなないような。

今回テーマは、潮の干満が人や自然界に与える影響です。

満月、満ち潮のときに出産が多い。
これは満月は、月の引力が最も強くなります。
満月の日に「人の出生率が高くなり、出血量も増えるのは、
人間の血液や体液をも引っ張り、神経が活性化するからではないか
といわれているそうです。

逆に潮が引くときに事故が多く、死ぬ人が多い

というのはよく聞く話。

そして病院勤務の方は、そのとおりだといってる方が多いです。
人間だけではありません。

木の枝を切ったとき

満ち潮のときは、切り取った枝の折口からは少しも汁は出ず、
幹の方の折口からは汁が出ます。
引き潮のときは、幹の方の折口からは少しも汁が出ず、
逆に切り取った枝の方から汁が出ます。

ろうそくの形

夜明け頃の火は楕円形の形
真昼になればほとんど円形

タケノコの成長は

夜のあいだにぐんぐん背が伸びて、
昼間は周囲が太くなる

海の生物は満月前後に産卵するケースが多い

満月は潮の満ち引きが激しいとき。つまり海水の移動が激しいときです。
産卵したタマゴがより遠くにいくように。
そうすることによって自分の種のエリアが増えるように
しているといわれています。

人間だけでなく、植物、いろんな物体に対して影響があります。
潮の干満、月の満ち欠け、月の位置によっては、
いろんな生物がいろんな影響を受けているらしい。

満月、新月、半月など特定の時期には、ギックリ腰は増える傾向が見られます。

との報告もあるようです。
バイオダイドで検索すればいろんなサイトが出てきます。

バイオ=生物学、生命などの意味
タイド=潮

との意味です。

統計的に、

満月のときには男の子、
新月のときには女の子が生まれることが多いといわれている

新月のころ
また始まりの時期ということから、
昔から新しいことを始めるのなら新月期といわれている。新月以後、月は満月をめざして充実していく。
新しく始めたことが成功する確率も高くなる。アルコールやたばこを止めたい人はこのタイミングを
上手に利用すると良いだろう。禁断症状が出にくいらしい。

満月の夜は

人間の血液や体液をも引っ張り、神経が活性化するからではないか、と言われるそうです。
その為、体が何でも吸収しやすくなります。
サプリメントや栄養素を摂るには最適な日らしいです。

ホルモンバランスが崩れるためか、衝動的、攻撃的な感情が高まるようです。
突発的な暴行、傷害、殺人事件、また自殺なども増すことが知られています。
スポーツでは違反が増えるともいわれているそうです。

月の満ち欠けによる引力の変化は、
地球上すべてが影響を受ける。
といわれているそうですが、
逆に科学的根拠は一切ないといってるサイトも数多く。

満月理論がいままでに何人ものルナティックを輩出して きたという点は明らかだが。
満月(あるいはほかの月の状態であっても)と 人間の活動のあいだには、
信頼できる相関関係は見出されていない。

うーん。実際どうなんでしょうか?

昔と現代はちがっていて、
満月の夜はといいますが、
都会では夜でも明るい。

そういった文明によって、
かわってきている可能性もありますよね。

シュノーケリングツアーの際に

干潮と満潮どっちがよいの?

とよく聞かれます。
ずばり干潮です。

潮が引いているときのほうが、
リーフ内は波が穏やかになります。
水深が浅くなると天然の防波堤、サンゴや岩盤が
波をさえぎってくれるからです。

シュノーケルツアーの際は、
事前に相談いただければ調整します。
お問合せください。

参考
潮の干満と生命 から抜粋
full moonから抜粋
バイオタイド

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。