たまにはシュノーケルブログです

1月は完全に閑散期です。仕方ないことですが、
ここ2,3日とっても天気がよいです。そんな絶好の
シュノーケル日和なのに、お客さんいな~いいないです!

1月ですが、快晴のシュノーケリング日和です

今、最強の低気圧とやらで、日本列島、津々浦々。
とっても寒いご様子です。
そのイメージでは、まさか1月に海に入れるなんて
思いつかないですよね!

とはいえ、なんだかもったない!事務所作業なんて
やってらんない!ということで本日は冬の恒例。
ポイント調査で出港してきましたっ!

伊野田海域をもっともっと熟知して、
ツアーに組み込めるよいポイントがないかどうかの
調査ですね!

まぁ、簡単にいってしまうと、趣味の延長で~す(笑)

冬の海は、とっても透明度がよいんです。

透明度が抜群。太陽の光のセットでキレイです

透明度が高くて、太陽の光が入ると

とっても気持ちがよいですよっ!

上の写真は水深20mくらいからボートを
見上げて撮ってみました。

今回の新しいポイントを探し出せ!の目的は、
ずばり!カメさん。

単なるカメ探しではなく、
具体的にはカメの寝床です。

そう!寝床でなければなりません!

たまたま回遊しているのを見かけましたっ!
ではだめなんです。
もっと高確率で見れる場所!
それが今回のテーマです。

西表島のヒナイビーチ。ダイビングポイントですが、
そこには、カメの寝床があって、
かなりの高確率でみることができます。
でも水深が12m前後だったように覚えています。

その水深では、シュノーケルには深いんだよな。。。

うーん、どこらへんにいるかなぁと悩みながらも
泳いでいる場所は、だんだん深くなって、
気が付けば、水深30m。40mと。。。

これじゃぁ、カメがいてもツアーポイントに組み込めないなぁ
と思っていると、あら、いらっしゃいましたっ!

チビカメさん!登場です!

チビカメさん♪

伊野田海域の近くにはカメの産卵ビーチがあるんです。
なので、日ごろ使っているツアーポイント付近にも
いるはずなんです。それは確実。

でも今わかっているのは、カメさんと出会うのは、
外洋の深い場所。

それでは、ちびっこや初心者の方は連れて行けないし。

なので、目標は、水深5mから7mあたり。
そんな都合のよい場所に寝床はないかなぁと
調査中です。

それが見つかれば、とってもよいんですが。
黒島にカメ研究所があると聞いてます。
きっと、全国のえりすぐりのカメ仙人たちが
日々、研究を行なっているはず。
一度立ち寄ってみなければなりません。

カメの生態をもっともっと知りつくせば、
きっと見つかるはず。
気長に調べますね!

カメの寝床の次は、マンタポイント。
西海岸にはありますが、東海岸には今のところありません!
宿題はいっぱい、夢もいっぱい!
誰も使ってこなかったエリアだから、
やりがいいっぱいの伊野田海域です。
がんばります!

そうそう!もちろん、朝、おきて、
今日はどこに観光しようかなぁとお悩みの方。
アクティビティにシュノーケル。
当日ご予約の段取りが許す限り受付ますからね!
お気軽にお問合せください!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。