一度は立ち寄りたい観光スポットブログ!平久保崎展望台

石垣をドライブする方は、ほとんどの方が立ち寄っている場所ではないでしょうか?

石垣島最北端、平久保崎灯台

石垣最北端の平久保崎灯台入り口

最北端とか最南端とか。一番端っていう場所には、なんだかビビッとするものがありますよね!この平久保崎灯台は、その一番最北端だよ!っていう期待を裏切らない場所です。300度以上の展望を誇る海を見ていると

水平線が丸く見える場所です!

海に入らなくてもその透明度の高さがわかるくらいに紺碧の青をこの灯台から見ることができます。

紺碧の青!とってもキレイです。

この日は、偶然にもパラグライダーが平久保崎周辺を飛んでいました。とっても気持ちよさそうです。

最高のぜいたくですね!

灯台のすぐ近くに、火番盛といわれる小高い山があります。何をする場所かというと、

火番盛は1644年(順治元)頃に設置されたとみられ、沖縄本島の首里王府への税を納めるためなどに行き来していた船や外国船の到来などを監視し、その情報を「烽火」(火と煙)によって、当時、行政の中心となっていた役所である蔵元に伝えるために造られたものです。

石垣市役所のホームページから一部抜粋

らしいです。
小高い丘は他にもいっぱいあるので、この場所かどうかは、少しあいまいですが、とても見晴らしがすばらしいです。

小高い丘からの展望も最高です

この平久保崎灯台にいくなら、晴れた日をとてもおすすめします。また北風が強い日は、おすすめしません。
最北端にあるだけあって、北よりの風があるときは、とても強風が吹きます。間違っても台風前に行くことは避けましょう!

空を飛んでしまいまそうになります(笑)

お客さんとシュノーケルツアーのスケジュールのお問い合わせの際に、平久保崎灯台は、どうしても子供たちに見せてあげたい!という方がいらっしゃいました!そんな会話を思い出します。

年に数回は笹川も訪れることがあります。やはりそのたびに、すばらしいと思って帰ってきます。ただ、やはりそこは最北端。少し遠いです。伊原間の集落(国道390号の最終点)を過ぎたあたりから、風景はサトウキビ畑が続きます。

石垣島には、代表的な灯台、展望台が三つあります。

東には玉取崎展望台
西には御神崎灯台。
そして最北端には平久保崎灯台。

それぞれの場所にも

青い空と青い海が見れます。

晴れた日であれば、期待を裏切らない絶景スポットの一つです。ぜひお立ち寄りください。

滞在時間の目安
 30分程度

ポイント周辺情報
 トイレ、自動販売機が駐車場にはあります。 駐車場は台数に限りがあります。繁忙期は、渋滞する日もあるそうです。夏の晴れた時は絶景を楽しめる観光スポットです。冬の平久保崎灯台はとても北風が強いです。ご注意を。間違っても台風のときには行かないようにしましょう!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。