ハーリー。海神祭りです!

旧暦の5月4日といえば、
沖縄ではハーリーが行われます。

ハーリーは海神祭のことで、
海のことを仕事としている人が、
海の神様を奉る祭です。
沖縄各地では、ハーリーが行われています。

またハーリーの鐘の音とともに
梅雨が明けるといわれています。
がそのとおりには、ならない年もあります。

自分の所属する桃里漁友会は伊原間の
ハーリーに参加してきました。

どんなことをするかというと

サバニーといわれる船に乗って

サバニーといわれる昔使っていた船に乗って、

えんえんと漕ぐ!

えんえんと漕ぐ。

かなり腕が疲れます。
昔、帆をはって西表島や竹富島を移動しながら
漁をしていたそうです。
とっても大変です。

伊原間のハーリーは、
昔、西海岸の海が荒れているときは、
東海岸の海から出港。という風に、
海況にあわせて漁のする場所を変えていたそうです。

その時にはサバニーを人が担いで西から東海岸に
移動させていたそうです。

なので、船越という名前がついています。
伊原間ハーリーは、サバニーを東海岸から担いで
西海岸に運ぶところから始めます。

地域色もいろいろのハーリーです。

また地元も中学生が
校歌にあわせて、踊りも披露したり、
海老汁が振舞われたりと余興もあります。
体験ハーリーでは、観光の方も一緒にサバニーを
漕ぐこともできるので、ご参加してみるのもよいのでは
ないでしょうか?

石垣島でも大きな行事の一つなので、
石垣市長も全ての会場を回って挨拶。
サバニーを濃いでいきます。

ここらへんのアクティブさが沖縄らしいです。
挨拶だけでなく、濃いでいく。
しかも全ての会場で。

市長も体力が必要な職業の一つですね!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。