日本で見れるクマノミは、6種類です。

シュノーケルツアーにご参加される方のリクエストで、

ニモを見たい!

というのは、良く伺うリクエストの一つです。
ニモは、クマノミの種類で、映画『ファインディング ニモ』の
モチーフになったといわれるお魚さんです。

ツアー中に、クマノミを見つけて

ニモがいたっ!

喜ぶちびっこの皆さん、意外と多いです!
でもちょっと待ってください!
実は、クマノミと一言で言っても、

日本に六種類のクマノミ

がいるといわれています。

具体的には、

クマノミ、セジロクマノミ、カクレクマノミ。
ハマクマノミ、ハナビラクマノミ、トウアカクマノミ

です。
海外も含め世界中でみると、約30種類が確認されているそうです。

イソギンチャクと一緒にいるだけで、ニモ!
と決めつけると、実は、違う種類のクマノミだったということも
良くある話です!

シュノーケルをされる機会があったら、
ぜひ、ニモだけでなく、他のクマノミとの違いも把握していると、
もっともっと水中世界、お魚さん観察が楽しくなるはずです♪

それでは、軽くご紹介です!
日本で見ることができるクマノミさんです。

ハマクマノミ

ハマクマノミ

石垣島の海で一番多い種類のクマノミさんではないでしょうか?
さんご礁の海からのシュノーケルポイントでは、どこでも見かけることできる種類です。

意外と大きくなる個体で、複数の個体で群れることがあります。
クマノミマンションポイントのメインになっているのは、ハマクマノミさんです。

ちなみにハマクマノミは、黒色は、メス。オレンジ一色は、オス。
体の色である程度、雄雌の判断ができます。

カクレクマノミ

カクレクマノミ

やっぱり一番かわいいクマノミさんです。
ニモにそっくりのデザインのクマノミです。
名前の由来通り、人が近づくとすぐにイソギンチャクに逃げ込んでしまいます。
警戒心の強い種類です。
水中カメラで、撮影するのもなかなか難しい種類です。

セジロクマノミ

セジロクマノミ

背中に一本、白い線が入っているので、
セジロ(背白)クマノミです。

石垣島東海岸では、意外と多いのがこのセジロクマノミです。

初めて見た!

と言う方も多いです。
リクエスト、セジロクマノミと言われると、
なかなかの『通』です。

クマノミ

クマノミ

よく普通のクマノミなんて言われてしまいます。
白と黒のツートンカラータイプもあります。

4種類までは、さんご礁の海からのポイントで見ることができます。
残りのハナビラクマノミ。
これは、水深が深めの場所に良く見かけます。
浅くて、水深7m前後といったところです。
さすがにシュノーケルでは、なかなか観察が難しい種類です。

そして残りは、トウアカクマノミ。
八重山でしっかり居座っている個体は、西表島のヒナイビーチというポイントにいます。
でも水深は、25mです。
やはりトウアカクマノミも八重山では、ダイビングでないと難しい種類の一つですね。

沖縄の海に来たら、シュノーケルでクマノミ探し。
しっかりと種類の違いを覚えて、探すとさらに面白さアップ間違い無しです!
ぜひぜひ、覚えてみてください。

ちなみに、クマノミが住み着くイソギンチャクは、
毒があるのが基本です。
間違っても触らないようにご注意くださいね!

ではでは



さんご礁の海からのブログは、シュノーケルツアーだけでなく、
旅行、観光、天気など石垣島情報を発信しています!
過去のまとめブログ集もぜひ、ご覧ください。

まだまだ夏は続きます!10月11月12月の石垣島のシュノーケルツアーは?
せっかくの石垣島旅行!海に行かないなんてもったいない!1月2月3月のシュノーケルツアー
去年の今頃は、どんな天気?2012年から毎日更新!過去の月別プチブログ
石垣島旅行が決まったら!事前準備ブログ集
石垣島観光スポットブログ集
沖縄旅行を楽しむグルメ情報集
初めての石垣島でシュノーケル!事前準備ブログ集
さんご礁の海からのツアースタイルの紹介
地域行事はいっぱい!異文化体験の陸ブログ集です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。