石垣島の人気スポット米原ビーチ

石垣で有名なビーチ言えば、
米原ビーチ、真栄里ビーチ、底地ビーチ、サンセットビーチなどなど
いくつかありますが、シュノーケルで有名なビーチといえば
やはり米原ビーチ。

干潮の時間帯であれば、こんな感じで楽しめる場所も

夏場はビーチにパラソルを立てて、
BBQなど色々な楽しみ方ができる場所です。

和やかで気兼ねなく楽しめるおすすめのビーチです。
小さいお子様がいるご家族やもちろんカップル。
いろいろな方が楽しんでいます。

米原ビーチの海岸線

そしてそのビーチでちゃぷちゃぷしてみると、
ルリスズメダイはいろんな場所で
観察することができます。

米原ビーチで見れる魚 ルリスズメダイ

瑠璃色(ルリ色)なのでルリスズメダイです。
探せば、カクレクマノミやハマクマノミもいることでしょう。

また100mほど、沖の方に進めば、
ドロップオフ。
崖になっていて、水深は一気に深くなって
20mから25mくらいになります。

また海は満潮、干潮を1日に二回繰り返し
水深が刻一刻と変化します。

大潮の干潮時間にいくと、
浅すぎて泳ぐことができないくらいになるタイミングも
あります。

小さいお子様とひざ下程度の深さでちゃぷちゃぷ程度であれば、
干潮時間を。
泳ぎたいという方は、少し満潮に近い時間を選ぶなど
タイミングを合わせるのがよいと思います。

気軽に楽しめるのが米原ビーチの魅力です。
魚を観察する予定があれば、レンタル器材を行っている
業者等はありません。箱メガネもしくは水中マスクはもって
行ったほうがよいと思います。

シャワー、更衣室、トイレ。
清掃状況はキレイとはいえませんが、
一通りそろっています。

よくビーチで見かける看板に離岸流に注意というものがあります。
沖の方に強い流れが発生する現象です。
この流れにつかまってしまうと思わぬ事故に
つながる場合も。

海水浴の観光客死亡 米原海岸でシュノーケリング中
離岸流に注意を
大自然は私たちに安らぎを与える一方で時には…
遊泳中の男性が行方不明 強風下、波に流される

などなど。
一度、漂流した人の捜索ということで
ボートで捜索のお手伝いをしたがあります。

広い海で人を探すのは大変難しいです。
海上保安庁のヘリコプターも出動していましたが、
見つけることはできませんでした。

米原ビーチ、とてもいい場所ですが、
コンディションの見極めは、とても重要です。
やはり心配という方は、ツアーを開催している
ショップをご利用ください。

その他、周辺情報
アクセス
 市街地、離島ターミナル、バスターミナルからレンタカー,車で40分
 川平方面からレンタカー、タクシーで20分
 空港からレンタカー、タクシーで30分
 バスは本数が少ないため、あまりおすすめできません。

 米原キャンプ場のすぐ隣です。


大きな地図で見る
 
駐車場
 広くはないですが、無料駐車場あり。
 6台ぐらいのスペースは無料ですが、
 繁忙期は有料駐車場になる場合もあるそうです。

米原海岸の駐車場

滞在時間の目安
 スタイルにあわせて
 半日や1日でも大丈夫

ポイント周辺情報
 売店とトイレがシャワー、更衣室もあります。
 一通りの設備はそろっています。

駐車場すぐ横には売店もあります。

トイレ、更衣室も完備

 海で泳ぎたい方は、レンタル器材屋さんはいないので、
 ご自分で持っていったほうがよいです。

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。