これで船酔いはこわくない!より快適にシュノーケルツアー

常夏のイメージのある石垣島ですが海は海
南国石垣島といえど海がしけるときはしけます
そこでよく出てくる質問が船酔い
船酔い対策のサイトは数あるけれど
やはりどうしようもない。慣れるしかないとか
精神面でフォローと書いてるサイトが多いですね

そこで調べてみました

『船酔いをしないためのトレーニング方法!』

を集めてみました
船酔いの原因が三半規管にあるのならば
三半規管を鍛えてしまえ!とのことで

それではその1

①その場でぐるぐる回る
②気持ち悪くなる前に回るのをやめて逆回転
これを繰り返すとよいそうで
これなら簡単。どこでもできますね
2-3週間はトレーニングが必要だそうです

その2

ブランコに乗る。(毎日5分程度)
慣れてきたら、目をつむって下を向いて5分間乗り続ける

近所にブランコがない場合は
垂直とびをしながら回転を2-3分するとよいとの
論文もあるそうです

他には回転イスでぐるぐる回る

さらには
船酔い対策体操
船酔い体操
なんていうのもあるらしい
すぐにできるのでよさそうですね

探せばいろいろ出てくるもんです

では、次

『船酔いしないためのおまじない』

トレーニングをつんでもだめだ!と
思ったときの神頼み

ゲロゲロバーは、イナイナイバーって言う

れおな!いよなふ、いよなふ、れおなっと唱える

成せば成る!校長先生がいっていたと3回唱える

すみません。ぜんぜん参考にならず。。。

それでも酔ってしまった場合には
その後をどう軽くするか?

全部だす!

胃の中を全部だす!!

すっからかんになってもくる次の一発に備えて
何かを食べる。
バナナがお勧めだそうです

よったら吐くが船酔いの極意だそうです。

と紹介しているサイトもありました

まぁあとは、ハバネロを食べ続ける

→辛さで酔うどころでない

指を噛め!酔いより痛みでごまかせ!

おへそに梅干しを塗る

医学的根拠なしだそうです

とかもありましたね

ちなみにさんご礁の海からは港からポイントまで10分程度
よっぽど船に弱いという方以外は大丈夫です
安心してシュノーケルできます

ではでは~

追記、先日、お客さんからこんな船酔い方法をお伺いしました。
弊社ブログから一部抜粋です。
天気予報は、雨の予報。でも快晴となりましたっ!

事務所で貴重品を預かるときに、
カバンからサロンパス。湿布です。

これは今から張るねん!

えっ!海に行くのに、今、張るんですか?

おへそを挟んで10cmの間隔にサロンパス。これ船酔いの効果あり!とのことです

おへそを挟んで10cm間をあける

これ、魔法の張り薬です。

効用は、船酔いっ!!

だそうです。
えっ!本当ですか!
朝から衝撃を受けた笹川です。

過去にホエールウオッチングに参加した際に、
スタッフの方に渡されたことがあるそうです。
とても効果あるそうです!

ではでは


さんご礁の海からは、少人数だからこそできる、自由度の高いツアーを開催しています。
旅行、観光のアクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?ぜひ、ご参加ください!

この感動を伝えたい!アクティビティにシュノーケルはいかがでしょうか?


さんご礁の海からのツアースタイルを過去ブログでご紹介します。

折角の石垣島旅行、ご参加されたお客様に海を楽しんで
頂けるように日々全力投球しております。
お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。