石垣島シュノーケリングショップ さんご礁の海からは初心者に優しい少人数ツアー

石垣島シュノーケリング!北部で少人数(4名様)半日シュノーケリングツアーは初心者、シニア、子供、ご家族で貸切対応可。ブログでは石垣島天気情報を掲載

石垣島シュノーケリング!北部で少人数(4名様)半日シュノーケリングツアーは初心者、シニア、子供、ご家族で貸切対応可。ブログでは石垣島天気情報を掲載

フルフェイスのシュノーケリングマスク!プロから見た実際のところ。

更新日:2022年12月18日
投稿日:2021年9月7日
更新日:2022年12月18日 投稿日:2021年9月7日

シュノーケリング用のフルフェイスのマスクってどうでしょうか?

シュノーケリング用フルフェイスマスク

というご質問、ここ数年で増え始めてきたように思います。新しく出てきたものにはやはりトライしてみたい!でも安全度はどうなの?いろいろ気にあるところがあると思います!

さんご礁の海からは石垣島のシュノーケリングショップです!シュノーケルインストラクター歴15年の個人的な感想ブログです。
※今回のブログはシュノーケリング用フルフェイスのマスクでありダイビング用フルフェイスではありません。

これから海に行ってシュノーケリングをしたい!という方いらっしゃるのではないでしょうか?その時に

まずはマスク!

とお考えの方、今回のブログをご覧ください♪ブログ冒頭で結論から申し上げますと、

フルフェイスのマスクはまだ発展途上の器材

といった風にとらえております。もちろん、さんご礁の海から、スタッフ笹川の感想としてご参考ください。(ブログアップ時、2021年9月現在)

フルフェイスマスクを着用されたお客様のシュノーケリング動画、よろしければご覧ください。

まずはマスクとフルフェイスのマスク。それぞれ形状を見てみましょう!

マスクの特徴

現在、一般的にシュノーケルで使用するマスクはこんな形です。

ハーフマスク

おでこから鼻下まで覆うタイプです。ハーフマスクと言ったりするそうですが、海で使うマスクといえばこちらのタイプをさすことが一般的です。そして筒状のシュノーケルについているマウスピースを口で咥えて呼吸をします。

マスクとシュノーケリング

特徴は鼻で呼吸ができません。100%口呼吸が必要です。
マウスピースを咥えることにより、水面にでた筒先により顔をつけながら呼吸をし続けることが可能です。
嘔吐反射(口に異物が入ると、吐き気をもよおしてしまう方)や小さなお子様には抵抗を感じる方が多いです。

フルフェイスマスクの特徴

対してここ数年登場してきたフルフェイスのマスクは顔全面を覆うタイプです。

フルフェイスのマスク

おでこから顎まで。顔全体を覆っています。
マウスピースを咥える必要はなく鼻、口、両方で呼吸が可能です。
視界も広いと言われています。
しゃべりながら楽しむこともできます。

フルフェイスマスクの率直な感想

それぞれの特徴を見ると、

フルフェイスマスクがとってもよいのでは?

と思う方も多いかもしれません。
ただ、フルフェイスマスクをご持参されたお客様の様子を見ていると、

まだ発展途上の器材

といったところが率直な感想です。
過去のツアーで、フルフェイスマスクを持参された方々、10名中2名がツアー最後まで使い切ることができましたが、残り8名は通常のハーフマスクにチェンジしました。
途中からフルフェイスマスクに切り替えた理由は、

1.いろいろ試してみても水が入る。
→やはり人それぞれの顔立ちに合わせた形状、設計がまだ出来上がっていないように感じます。

2.呼吸が苦しくなる
→運動量が増えてくると呼吸量も増えてきます。マスク内の空気の換気設計。メーカーによる差はあるものの改良の余地があるように思います。

3.マスクの曇りが激しい
→ハーフサイズでも曇り止めが必要です。面積が倍。そして内部のちょっと複雑な構造、曇り止めをくまなく塗るのが難しい。

つまり、ハーフマスク、半分のサイズでも長年の改良をくわえて現在の完成度となっています。全面になるとより難しい。
まずは考え方として、心にとめておいてほしいことは、

人間は陸の生き物。

それが水中世界に行くとなれば、やはり特殊な装備が必要です。

その中で昔からあるのがハーフマスク。これを装着すれば水中を覗きながら呼吸ができるという画期的な器材であります。そしてメーカーさんの長年にわたる改良で現在のハーフマスクは、

十人十色の顔の形にほぼ合わせた形状。

が出来上がってきています。正しい装着をすれば、ほぼ、水が入ってくることありません。ただ、正しい装着、それなりの使い方が必要です。間違えた使い方をすればマスクに水が入って来たり、呼吸が苦しくなったりするものです。

それが顔全体を覆うフルフェイス。ハーフサイズの二倍となります。となるとよりマスクの設計というのは難しくなってしまいます。
ただ、10名様中2名様、ぴったりフィットした方は、

とっても快適!

フルフェイスマスクでシュノーケリング

に水中世界をお楽しみ頂いておりました。その点をこれから改良がすすめば、これからに期待したい器材ではあります。

まとめ

機能面を見れば、フルフェイスマスクはとても魅力のあるマスクではありますが、まだ歴史の浅いシュノーケリング用フルフェイスマスクです。十人十色の顔の形に合わせての設計が不十分におもいます。

今後フルフェイスマスクに頑張ってほしいところとしては

1.十人十色の顔の形に合わせ切れていない
2.呼吸量の調整が難しい
3.曇り止めの面積が多い

そして最後に使用する器材には少しでも不安、ストレスがないものであってほしい。それはきっとすべてのシュノーケラーにとっては切実な願いの一つであるかもしれません。

ただ、そこは海。自然の中。人間が普段いけない場所です。そんな特別な場所にいくのですから、自然そして器材に人が歩み寄る。という姿勢があってもよいと思います。だからこそ、人が水中世界に対して、尊敬の念をもって接することができるかもしれませんね!

さんご礁の海からのシュノーケリングツアーに関してはフルフェイスのマスクを持参して頂いてのご参加、もちろん大丈夫です。
(レンタル器材にフルフェイスはございません。ハーフサイズのみです。)
ツアー中にハーフサイズのマスクに切り替える可能性があることを前提としてご持参頂ければと思います。

そしてやはり通常の水中マスク。どうしても使い方がわからない。基本を押さえてシュノーケリングを楽しみたい!という方は、さんご礁の海からのシュノーケルツアーにご参加ください。

少人数(4名様まで)で行うツアーです。しっかりサポートで石垣島の海をご案内しております。
お気軽にお問合せください。

少人数はスタッフと楽しく会話

二人でお魚発見

少人数でのツアーのメリットは、不安を海にもっていかない!リクエスト、要望も含めて、スタッフと共有!気さくに会話をできるツアーの雰囲気作りが笑顔いっぱいツアーの秘訣です。
きれいなお魚さん、サンゴ群落を案内しながら、エメラルドグリーンの海を楽しめます。
少人数ツアー(4名様)は笑顔いっぱい、その理由は?

 

ただ、ぴったりサイズの合ったフルフェイスマスクの快適さはとても素晴らしいです。トライしてみる。そして難しそうであればハーフマスクに切り替えて楽しみましょう!


   

ツアーブログへのコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。



ブログ 石垣島の天気、服装、気温情報

7月14日
天気 晴れ
最高気温 34℃
最低気温 30℃

服装
今日の石垣島は暖かめの1日です。TシャツでOKです。

今日のコネタ
ちょっとセミさん、邪魔ですよ♪

セミさん、そこどいてほしいですが、、

機嫌よく網戸を占有、窓を開けれませんよ!
今日のシュノーケルツアーブログ
夕方にはアップします。お待ちください。それまでは、過去のツアーブログのページご覧下さい。


去年の石垣島の今頃はどんな様子?

2023年6月の体験ツアーブログ集

2023年7月の体験ツアーブログ集

2023年8月の体験ツアーブログ集

2023年9月の体験ツアーブログ集

過去約10年間の石垣島天気,気温,服装,体験ツアーブログ

過去約10年間の石垣島の気温、天気、服装ブログリンク集

石垣島は冬(12月1月2月3月)でも楽しめるシュノーケリング!いえ、冬こそシュノーケルがおすすめです。

冬がシュノーケリングツアーにおすすめ!理由は透明度!

シュノーケリングブログ

怖いの気持ちを乗り越えて小学二年生、石垣島、初シュノーケリング♪
石垣島旅行、最後のアクティビティは、半日シュノーケリング!の皆さんです!小学二年生、初シュノーケリング、最...
2024年7月14日
その海に対する不安は海で解消!サンゴとお魚さんマジックです♪
少人数で行うシュノーケリングツアーはちびっことご一緒に!海に対して不安のある方!お任せ下さい!海の不安は海...
2024年7月13日
石垣島旅行、最後のアクティビティはシュノーケリング!
石垣島旅行、最後のアクティビティはシュノーケリングの皆さんです!事務所にはシャワー、更衣室完備!海から上が...
2024年7月12日
60歳以上でも楽しめる石垣島、シュノーケリング!
石垣島の水中世界、シュノーケリングを楽しみたい方、60歳以上でも70歳以上でも楽しめる少人数ツアーです!シニア...
2024年7月11日
石垣島シュノーケリングといえば、お魚さんわっしゃわっしゃコース♪
石垣島の海となれば、サンゴとお魚さんわしゃわしゃコース!これさんご礁の海からのシュノーケリングツアー、大得...
2024年7月10日
憧れはサメと泳ぎたい!午後からは77歳67歳、シニアシュノーケリング♪
少人数ツアーで行うツアーはリクエストベースでシュノーケリングツアーが進みます!具体的にはサメと泳ぎたい!そ...
2024年7月9日
予約・問合せフォームはこちら