石垣島のシュノーケリングショップ 少人数ツアー
石垣島のシュノーケリングショップさんご礁の海から ツアースタイル2
石垣島北部、東海岸、新規開拓エリアでシュノーケル
快適シュノーケルツアーは充実施設から
hedda-1a
hedda-1-2a
hedda-2a
hedda-3a
previous arrow
next arrow

フルフェイスのシュノーケリングマスク!プロから見た実際のところ。

シュノーケリング用のフルフェイスのマスクってどうでしょうか?

シュノーケリング用フルフェイスマスク

というご質問、ここ数年で増え始めてきたように思います。新しく出てきたものにはやはりトライしてみたい!でも安全度はどうなの?いろいろ気にあるところがあると思います!

さんご礁の海からは石垣島のシュノーケリングショップです!シュノーケルインストラクター歴15年の個人的な感想ブログです。
※今回のブログはシュノーケリング用フルフェイスのマスクでありダイビング用フルフェイスではありません。

これから海に行ってシュノーケリングをしたい!という方いらっしゃるのではないでしょうか?その時に

まずはマスク!

とお考えの方、今回のブログをご覧ください♪ブログ冒頭で結論から申し上げますと、

フルフェイスのマスクはまだ発展途上の器材

といった風にとらえております。もちろん、さんご礁の海から、スタッフ笹川の感想としてご参考ください。(ブログアップ時、2021年9月現在)

まずはマスクとフルフェイスのマスク。それぞれ形状を見てみましょう!

マスクの特徴

現在、一般的にシュノーケルで使用するマスクはこんな形です。

ハーフマスク

おでこから鼻下まで覆うタイプです。ハーフマスクと言ったりするそうですが、海で使うマスクといえばこちらのタイプをさすことが一般的です。そして筒状のシュノーケルについているマウスピースを口で咥えて呼吸をします。

マスクとシュノーケリング

特徴は鼻で呼吸ができません。100%口呼吸が必要です。
マウスピースを咥えることにより、水面にでた筒先により顔をつけながら呼吸をし続けることが可能です。
嘔吐反射(口に異物が入ると、吐き気をもよおしてしまう方)や小さなお子様には抵抗を感じる方が多いです。

フルフェイスマスクの特徴

対してここ数年登場してきたフルフェイスのマスクは顔全面を覆うタイプです。

フルフェイスのマスク

おでこから顎まで。顔全体を覆っています。
マウスピースを咥える必要はなく鼻、口、両方で呼吸が可能です。
視界も広いと言われています。
しゃべりながら楽しむこともできます。

フルフェイスマスクの率直な感想

それぞれの特徴を見ると、

フルフェイスマスクがとってもよいのでは?

と思う方も多いかもしれません。
ただ、フルフェイスマスクをご持参されたお客様の様子を見ていると、

まだ発展途上の器材

といったところが率直な感想です。
過去のツアーで、フルフェイスマスクを持参された方々、10名中2名がツアー最後まで使い切ることができましたが、残り8名は通常のハーフマスクにチェンジしました。
途中からフルフェイスマスクに切り替えた理由は、

1.いろいろ試してみても水が入る。
→やはり人それぞれの顔立ちに合わせた形状、設計がまだ出来上がっていないように感じます。

2.呼吸が苦しくなる
→運動量が増えてくると呼吸量も増えてきます。マスク内の空気の換気設計。メーカーによる差はあるものの改良の余地があるように思います。

3.マスクの曇りが激しい
→ハーフサイズでも曇り止めが必要です。面積が倍。そして内部のちょっと複雑な構造、曇り止めをくまなく塗るのが難しい。

つまり、ハーフマスク、半分のサイズでも長年の改良をくわえて現在の完成度となっています。全面になるとより難しい。
まずは考え方として、心にとめておいてほしいことは、

人間は陸の生き物。

それが水中世界に行くとなれば、やはり特殊な装備が必要です。

その中で昔からあるのがハーフマスク。これを装着すれば水中を覗きながら呼吸ができるという画期的な器材であります。そしてメーカーさんの長年にわたる改良で現在のハーフマスクは、

十人十色の顔の形にほぼ合わせた形状。

が出来上がってきています。正しい装着をすれば、ほぼ、水が入ってくることありません。ただ、正しい装着、それなりの使い方が必要です。間違えた使い方をすればマスクに水が入って来たり、呼吸が苦しくなったりするものです。

それが顔全体を覆うフルフェイス。ハーフサイズの二倍となります。となるとよりマスクの設計というのは難しくなってしまいます。
ただ、10名様中2名様、ぴったりフィットした方は、

とっても快適!

フルフェイスマスクでシュノーケリング

に水中世界をお楽しみ頂いておりました。その点をこれから改良がすすめば、これからに期待したい器材ではあります。

まとめ

機能面を見れば、フルフェイスマスクはとても魅力のあるマスクではありますが、まだ歴史の浅いシュノーケリング用フルフェイスマスクです。十人十色の顔の形に合わせての設計が不十分におもいます。

今後フルフェイスマスクに頑張ってほしいところとしては

1.十人十色の顔の形に合わせ切れていない
2.呼吸量の調整が難しい
3.曇り止めの面積が多い

そして最後に使用する器材には少しでも不安、ストレスがないものであってほしい。それはきっとすべてのシュノーケラーにとっては切実な願いの一つであるかもしれません。

ただ、そこは海。自然の中。人間が普段いけない場所です。そんな特別な場所にいくのですから、自然そして器材に人が歩み寄る。という姿勢があってもよいと思います。だからこそ、人が水中世界に対して、尊敬の念をもって接することができるかもしれませんね!

さんご礁の海からのシュノーケリングツアーに関してはフルフェイスのマスクを持参して頂いてのご参加、もちろん大丈夫です。
(レンタル器材にフルフェイスはございません。ハーフサイズのみです。)
ツアー中にハーフサイズのマスクに切り替える可能性があることを前提としてご持参頂ければと思います。

ただ、ぴったりサイズの合ったフルフェイスマスクの快適さはとても素晴らしいです。トライしてみる。そして難しそうであればハーフマスクに切り替えて楽しみましょう!

ではでは

折角の石垣島旅行、シュノーケリングツアーで皆様の思い出つくり、応援致します!お気軽にお問合せください。

ご予約のご連絡は「090-4291-7531」笹川まで。少人数で石垣島を楽しむシュノーケリング、グラスボートの問合せフォームお問合せ、ご予約フォームはこちらからどうぞ。

LINEの公式アカウントなるものを取得してみました。
シュノーケリング LINEで連絡をする

シュノーケル、グラスボートの口コミ、よろしければ、ご覧ください。またご参加された方は感想を口コミ頂ければうれしいです。

口コミ
google 口コミ シュノーケリング
評価:4.9 レビュー、シュノーケル口コミ
口コミ件数 38件
トリップアドバイザー
評価:5.0 レビューシュノーケル口コミ
口コミ件数 35件
google 口コミ グラスボート
評価:5.0 レビューグラスボート口コミ
口コミ件数 5件

シュノーケリングショップさんご礁の海からツアーブログ集

石垣島に旅行に行こう!でもいつの時期にしようか悩んでしまう人へ。石垣島の天気、気温服装参考ブログです。
午前と午後の半日シュノーケリングは、4月5月の梅雨時期、11,12,1,2月でも年中、冬でも開催しております♪

4,5,6月のシュノーケリング
石垣島の梅雨といっても晴れが多いが特徴、4,5,6月はマリンレジャー、シュノーケルお勧めの時期です。
石垣島の4月5月6月のシュノーケリングツアー!天気、気温、服装情報ブログです。
石垣島の梅雨は案外晴れは多く、すぐに止む!ご旅行、シュノーケルおすすめの時期です。
7,8,9月のシュノーケリング
夏本番、台風さえ来なければベストコンディション!それが7,8,9月のシュノーケルツアーです!
石垣島の7月8月9月のシュノーケリングツアー!天気、気温、服装情報ブログです
10,11,12月のシュノーケリング
冬前の10,11,12月。まだまだ水温は暖かく快適シュノーケリングです。
石垣島の10月11月12月のシュノーケリング!天気、気温、服装情報ブログです
1,2,3月のシュノーケリング
年中ツアーを開催!晴れた冬のシュノーケリングは夏よりも抜群に水中世界を楽しめます。
石垣島の1月2月3月のシュノーケリングツアー!天気、気温、服装情報ブログです。
冬こそ石垣島をシュノーケリング!快適装備で年中ツアー開催!

Gotoトラベル対応店シュノーケル、グラスボートで利用できます。

石垣島の観光スポットブログ

風光明媚な川平湾

何回きても行きたい場所はいっぱい!石垣島に来たら、外すことができないメジャースポットを詳しくご案内です!陸も海も離島もまとめていっぱい楽しみましょう!
石垣島の観光スポットブログ


川平湾

石垣島が誇る、No1の観光スポット、川平湾。初めてお越しの方はほぼ必ず行く場所の一つです。公園内を軽く散策して真っ白なビーチにびっくり!グラスボートに乗って水中散策。ポスターにある風景はほぼこの川平湾です。

石垣島が誇る、No1の観光スポット、川平湾。初めてお越しの方はほぼ必ず行く場所の一つです。公園内を軽く散策して真っ白なビーチにびっくり!グラスボートに乗って水中散策。ポスターにある風景はほぼこの川平湾です。

石垣島NO1の観光スポット、日本百景、川平湾です

エメラルドの海をみる展望台

何回きても行きたい場所はいっぱい!石垣島に来たら、外すことができないメジャースポットを詳しくご案内です!陸も海も離島もまとめていっぱい楽しみましょう!
石垣島の観光スポットブログ


エメラルドの海をみる展望台

ちょっとその名前、長すぎませんか?エメラルドの海をみる展望台!です。バンナ公園のスカイラインの途中にみえるこの展望台は竹富島と石垣島の街並みを見渡すことができるスポットです!空気が澄んでいれば、波照間島を見渡すこともできるそうです♪

ちょっとその名前、長すぎませんか?エメラルドの海をみる展望台!です。バンナ公園のスカイラインの途中にみえるこの展望台は竹富島と石垣島の街並みを見渡すことができるスポットです!空気が澄んでいれば、波照間島を見渡すこともできるそうです♪

エメラルドの海と空。そして離島を望む展望台

最北端、平久保崎灯台

何回きても行きたい場所はいっぱい!石垣島に来たら、外すことができないメジャースポットを詳しくご案内です!陸も海も離島もまとめていっぱい楽しみましょう!
石垣島の観光スポットブログ


平久保崎灯台

石垣島の一度は立ち寄りたい、有名観光スポットといえば、やはり最北端、平久保崎灯台ではないでしょうか?海を眺めれば、水平線が丸見えるスポットです!紺碧の青!という色合いを実感!おすすめ観光スポットの一つです。

石垣島の一度は立ち寄りたい、有名観光スポットといえば、やはり最北端、平久保崎灯台ではないでしょうか?海を眺めれば、水平線が丸見えるスポットです!紺碧の青!という色合いを実感!おすすめ観光スポットの一つです。

一度は立ち寄りたい観光スポットブログ!平久保崎展望台

悲恋の山 マーペ(野底岳)

何回きても行きたい場所はいっぱい!石垣島に来たら、外すことができないメジャースポットを詳しくご案内です!陸も海も離島もまとめていっぱい楽しみましょう!
石垣島の観光スポットブログ


マ-ペ

石垣島北部のシンボルと言われる山、野底岳。地元ではマーペと呼んでいます。283mの山で二つある登山口の近い方は30分で上って帰ってこれる手軽な山です。ふらっと立ち寄って、山並みと海の絶景を楽しめるスポットの一つです。

石垣島北部のシンボルと言われる山、野底岳。地元ではマーペと呼んでいます。283mの山で二つある登山口の近い方は30分で上って帰ってこれる手軽な山です。ふらっと立ち寄って、山並みと海の絶景を楽しめるスポットの一つです。

絶景!マーペーといえば石垣島北部のシンボルです

竹富島観光

何回きても行きたい場所はいっぱい!石垣島に来たら、外すことができないメジャースポットを詳しくご案内です!陸も海も離島もまとめていっぱい楽しみましょう!
石垣島の観光スポットブログ


竹富島

石垣島から一番近く、15分で行ける島、それが竹富島です。水牛車で集落内散策。昔ながらの琉球赤瓦の家並みと真っ白な砂浜のコンドイビーチをレンタサイクル!はずれはない観光スポットの一つです!

石垣島から一番近く、15分で行ける島、それが竹富島です。水牛車で集落内散策。昔ながらの琉球赤瓦の家並みと真っ白な砂浜のコンドイビーチをレンタサイクル!はずれはない観光スポットの一つです!

八重山旅行の王道!竹富島は半日で楽しめる観光スポット

感動を呼ぶ朝焼けちょっとした豆知識

石垣島北部東海岸の『さんご礁の海から』は、海から昇って来る朝日を見て、今日1日の活力をもらいます。夕日は、山の向こうに沈む為、見ることはできません。朝日、夕日の色が、何故赤くなるのでしょうか?

石垣島北部東海岸の『さんご礁の海から』は、海から昇って来る朝日を見て、今日1日の活力をもらいます。夕日は、山の向こうに沈む為、見ることはできません。朝日、夕日の色が、何故赤くなるのでしょうか?

朝焼け、夕焼け♪その赤色になる理由は?

観光サンプルプラン最北端平久保崎灯台

石垣島の旅行、観光プランを考える際のご参考に、レンタカーでの移動時間目安や観光地を簡単に案内しています。参考にし見忘れの無いように計画を立てましょう。

石垣島の旅行、観光プランを考える際のご参考に、レンタカーでの移動時間目安や観光地を簡単に案内しています。参考にし見忘れの無いように計画を立てましょう。

旅行プランを考える際のご参考に


半日シュノーケリングと陸の観光を合わせてのサンプルプラン
半日シュノーケリング&ぐるっと一周観光ドライブコース


さんご礁の海からの過去ブログ。観光マップにまとめてみました。
過去にブログアップした観光、グルメスポットを地図にまとめてみました


石垣島の全体像、観光スポットへのレンタカーの移動時間の目安
観光、旅行、ドライブの楽しみ方!レンタカーでの移動時間の目安(交通編)

もっと観光スポットを知りたいなら石垣島の観光スポットのまとめブログへ

旅行、観光、天気、シュノーケルツアーなど石垣島情報を発信しています!石垣島移住者からの視点で楽しめるブログも多数あり。

ご予約、お問合せ
シュノーケリングツアーブログ
シュノーケリングの事前準備ブログ
シュノーケリング、ツアースタイルのご紹介
旅行プラン紹介ブログ
石垣島の観光スポットブログのご紹介
グルメ、食堂の紹介ブログ
石垣島の天気、服装、気温プチブログ
石垣島の地域行事ブログ


お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

google 口コミ シュノーケリング
評価:4.9 レビュー口コミ シュノーケル
口コミ件数 38件
トリップアドバイザー
評価:5.0 レビューシュノーケルの口コミ
口コミ件数 35件

ブログ 石垣島の天気、服装、気温情報

9月18日
天気 晴れ
最高気温 31℃
最低気温 27℃

天気、服装
しばらくは良い天気が続きそうな石垣島です。

今日の石垣島は暖かめの1日です。TシャツでOKです。

zumiグアバ、まっかっか♪

カットすると真っ赤っか

頂いたグアバ、カットとするときれいな赤色です♪


2021年9月のブログ集
9月のブログ集

去年の石垣島の今頃はどんな様子?
2020年9月のブログ集

2020年10月のブログ集

2020年11月のブログ集

2020年12月のブログ集

冬でも楽しめるシュノーケリング!いえ、冬こそシュノーケルがおすすめです。11月の石垣島の様子は11月のプチブログご覧ください。
冬がシュノーケリングツアーにおすすめ!理由は透明度!

石垣島の年間、天気、気温、服装ブログ

もっと過去のプチブログはこちらからどうぞ

初心者、お子様からベテラン、当日ご予約も。シュノーケリングショップ、さんご礁の海からの過去のブログ集のまとめ
過去の石垣島の天気、気温、服装、旅行、観光、アクティビティのブログ

新着ブログ

石垣島はベストコンディション!今、海に行かないでいつ行くの!
当日ご予約でシュノーケリング!今、海を楽しまないでいつ楽しむの?ということで、バンナ公園散策予定からスケジ...
2021年9月18日
石垣島の水中世界を満喫シュノーケリング!一日コースでパワフルです!
ぶらり一人旅で石垣島!これいつものパターンでお越しです♪さんご礁の海からのシュノーケリングツアーは午前と午後...
2021年9月17日
石垣島旅行!シュノーケリング?泳げない私でも大丈夫!?
折角の石垣島旅行、水中世界を覗いてみませんか?えっ!シュノーケリング?泳げない私でも大丈夫?というのはよく...
2021年9月14日
台風14号、石垣島に最接近は9月12日から13日の予報です。台風の巻き返しの風。様子を見ながら、シュノーケリング、...
2021年9月11日
石垣島の海、一日コースでシュノーケリング!
リピーターT村さんご姉妹、本日のシュノーケリングブログは、一日コースです!午前と午後の半日シュノーケリングツ...
2021年9月10日
シュノーケリング初心者におすすめの石垣島のショップといえば
石垣島旅行、シュノーケリング初心者の方におすすめのショップ!といえば、やはり少人数で行うツアーです!満員は4...
2021年9月9日
予約・問合せフォームはこちら
予約・問合せフォームはこちら